iPhoneの画面の色がおかしい時に試すべき対処法

2016-0916_iPhone7 - 1 (1)


自分のiPhoneでウェブページや写真を見ると色がおかしい。そんなときに試すべき対処法をご紹介します。

対処法その1:Night Shiftをチェックする

画面から発せられるブルーライトを減らす機能『Night Shift』がオンになっていることが原因かもしれません。

設定アプリの【画面表示と明るさ】→【Night Shift】を開きます。

iOS 10


【時間指定】と【手動で明日まで有効にする】がオフになっていることを確認します。

iOS 10


対処法その2:アクセシビリティを点検する

iOSにはiPhoneを使いやすくする・表示を見やすくするために使う、アクセシビリティという機能が用意されています。

この機能の中には画面の色合いを変えるものがあるので、点検してみましょう。

設定アプリの【一般】→【アクセシビリティ】を開きます。

iOS 10


以下の項目を点検しましょう。

  • 【ズーム機能】→【ズーム機能】をオフにする
  • 【ディスプレイ調整】→【色を反転】・【カラーフィルタ】・【ホワイトポイントを下げる】をオフにする
  • 【コントラストを上げる】→【透明度を下げる】・【色を濃くする】をオフにする

対処法その3:カラーフィルタで調整する

設定を見直しても色がおかしい場合、液晶の個体差が原因かもしれません。なかには最初から黄色っぽくなっている液晶もあるようです。

『iOS 10』で追加されたカラーフィルタを使えば、発色を調整できます。

設定アプリの【一般】→【アクセシビリティ】→【ディスプレイ調整】→【カラーフィルタ】を開き、【カラーフィルタ】をオンにします。

iOS 10


【色合い】を選択。その下にある【強さ】・【色相】を調整しましょう。

iOS 10


上に表示されている色鉛筆を参考にすると調整しやすいです。左右にスライドすると、別の色見本が表示されます。

iOS 10


液晶などの故障が疑われる場合は、Appleのサポート窓口に相談しましょう。

iPhone – Apple サポート 公式サイト

リクエスト募集中!

AppBankでは、読者の皆さんからの記事ネタを募集しています。
お名前(ペンネーム可)を入力の上、AppBankのライターに書いて欲しい記事ネタを記入し【送信】ボタンを押して、記事リクエストを送ってください。

投稿はこちらから


リクエストページを別ウィンドウで開く

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ