マクアケで話題の「音質」も「つけ心地」も追求した奇跡のヘッドホンを視聴してきた!

photo_vieshair_smn - 1


画像:奇跡のサウンドと爽快感。ワイヤレス・エアー・ヘッドホン、 “ヴィー・シェア”

ヘッドホンを長時間装着していると、側圧で耳が痛くなったり、蒸れやすいという欠点がありますよね。

そんなヘッドホンの欠点を解消したヘッドホンが話題を集めています。それが、『VIE SHAIR(ヴィー・シェア)』というワイヤレスヘッドホン。

現在、クラウドファンディングサイト『マクアケ』にて出資を募っており、すでに目標額を達成済み。注目度が非常に高いことがわかりますね。

今回、『VIE SHAIR(ヴィー・シェア)』をひと足早く実機試聴できる機会を得ましたので、早速ご紹介します!いままでにない新しい体験でしたよ。

「つけていない」ような快適なつけ心地

VIE SHAIRは、ヘッドホンとは思えないほど「つけ心地が良い」のが特徴です。

例えるなら「何もつけていない」ようなつけ心地。スピーカーで音を聴いているような感覚なのです。

その秘密は、3Dデザインされた「エアーフレーム」という耳に触れるパーツ。ここにはメガネに使用される柔軟かつ耐久性の高い細いフレーム素材が使われています。

この独特なデザインは、フレームが人間の耳に触れた時、加わる力が分散されるように設計しているとのこと。

photo_vieshair_inv-2


エアーフレームのメリットは軽いつけ心地だけではありません。メガネやピアスなどアクセサリを付けていても、その上からVIE SHAIRを装着できるのです。

実際、メガネ着用時に音楽を聴いてみましたが、側圧も全く気にならず長時間付けていられるなと感じました。もし、いままで「重み」や「側圧」が苦手でヘッドホンを避けていたという方が居れば、これは確実に世界が変わりますよ。

photo_vieshair_x - 1


「開放型」と「密閉型」2つの良さを楽しめる

ヘッドホンは、かなり大きく分けると「開放型」「密閉型」の2つのタイプが存在します。開放型は余分な低音が抑えられておりクリアな音質。そして密閉型は、音が抜けないのでパワフルな音質とそれぞれ特徴を持っているのです。

VIE SHAIRは、耳に当てるフレーム部分を交換することで「開放型」「密閉型」それぞれ使い分けて楽しめるのが非常に優れているところ。

開放型といえば、「音漏れが大きい」ため屋内での使用が一般的ですが、VIE SHAIRは一方向に音が届く指向性の高いスピーカーを搭載しているので、開放型の「オープン・エアーフレーム」でも音漏れが少ないんです。

爆音にしなければ、仕事中にオフィスで使っていても気にならないレベル。話し声は遮らず、音楽をBGM的に聴きたい。そんなときにも活躍するでしょう。

▼「開放型」のオープン・エアーフレーム▼

photo_vieshair_inv-3


密閉型の「クローズド・エアーフレーム」に付け替えたVIE SHAIRがこちら。音が濁らないデザインを採用しており、低音がしっかり鳴るにもかかわらず、高音が埋もれないという特徴があります。

フレーム素材ですが、柔らかいイヤーパッドを先端に装着するので、「オープン・エアーフレーム」同様に耳が痛くなることはありませんでした。低音をしっかり聴きたい方や、遮音して集中したいというシーンでおすすめです。

▼「密閉型」のクローズド・エアーフレーム▼

photo_vieshair_inv-4


大勢集まって同じ曲をシェアすることも可能

VIE SHAIRはその独特なデザインが目を引きますが、ワイヤレスヘッドホンとしての性能もハイレベル。

通常、BluetoothヘッドホンはスマホやPC、オーディオ機器と相互にペアリングして音が再生されるという仕組みです。でも、VIE SHAIRの場合、オーディオ機器とのペアリングだけでなく、他のVIE SHAIRとの送受信をすることができます。

1台のVIE SHAIRがラジオ局のようになり、複数台のVIE SHAIRへ同時に音を送れるので、近年注目を集めている「サイレント・デイスコ」など“ヘッドホンの音をシェアしあう”イベントでも活用できますね。

photo_vieshair_inv-5


スピーカーで聴くような臨場感あふれる高音質

先に少し触れましたが、音質も非常に良いのがVIE SHAIR。

指向性の高い大口径58mmの全面駆動平板スピーカーを採用し、VIE SHAIR内部のパワーアンプで鳴らすという構造をしています。そして、Bluetooth接続する際のオーディオコーデックはヤマハが開発した『MACH5(マックファイブ)』を採用。ワイヤレス特有の音質劣化や音の遅延もほぼ感じないレベルの仕上がりです。

開発を手がけるVIE.STYLEのCEOである今村泰彦氏によると、「もはやヘッドホンではなく、耳元でスピーカーを鳴らしているような設計です。通常のヘッドホンよりも耳との距離が空いていますが、低音もしっかり鳴る設計になっています」とのこと。

音質面の実力は“本物”です。ヘッドホンで聴いているというより、スピーカーが耳元で鳴っていると確かに感じ、壮大な臨場感とパワフルな音圧が共存している不思議な体験でした。そして、音の立ち上がりが早いため、繊細な高音域もしっかりと解像できます。

photo_vieshair_inv-1


また、VIE SHAIR本体にはアンプだけでなく、音域を調整するための3バンドイコライザーも搭載しており、専用のアプリからコントロールできます。また、VIE SHAIR同士の接続を行ったり、ハウジング部分のLEDのカラーを選んだりと様々な操作が可能です。

photo_vieshair_inv-6


ヘッドホンに感じる全ての欠点を解消し、かつ既存の製品よりも圧倒的に良い物を作りたい。そういったこだわりを全面に感じられるのがVIE SHAIRというヘッドホンです。

いままでのオーディオ機器に縛られない「新しい音楽体験」をしたいなら、迷わずチェックすべきヘッドホンでしょう。

VIE SHAIRの詳細や出資はこちら

奇跡のサウンドと爽快感。ワイヤレス・エアー・ヘッドホン、 “ヴィー・シェア”

iPhoneの使い方が分かるアプリ

iPhoneの使い方が分かるアプリ『説明書 for iPhone』をアップデートしました。

iPhoneの基本やアプリの使い方、困ったときの対処法や小技・裏技を紹介しています。下からアプリをダウンロードして、お使いください。

スマホ説明書 スマホ説明書(iTunesでのレビュー評価:)
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ