【iOS 10】画面左上のアプリ名をタップすると・・・

iOS 10


気づくと、画面の左上にアプリ名が表示されていることはありませんか?

実はこれをタップすると・・・

タップすると前のアプリに戻れる

画面の左上に表示されているアプリ名をタップすると、そのアプリに戻れます。

iOS 10


この機能を使えば、ホーム画面に戻ったり、ホームボタンを2回押してアプリの切り替え画面を開いたりする必要はありません。

たとえばSafariで商品の値段を調べ、コントロールセンターから計算機を開いて計算。そのあとでこのショートカットを使えば、Safariにすぐ戻れます。

アプリ名が表示される・消える条件

アプリAを開いているときに通知や通知センター・コントロールセンター、あるいはアプリAに用意されている機能でアプリBを起動すると、アプリAに戻れるショートカットが画面の左上に表示されます。

アプリ名が消えるタイミングは4つあります。1つ目はアプリBからホーム画面に戻るとき、2つ目はショートカットをタップしてアプリAに戻ったとき、3つ目はiPhoneをロックしたとき、4つ目はアプリBからほかのアプリを開いたときです。

アプリ名をタップしづらいときは

iOS 10
『iPhone 6』・『iPhone 6s』・『iPhone 7』(Plus含む)では、ホームボタンを2回タップすると画面が下がり、アプリ名をタップしやすくなります。


ホームボタンを2回押すのではなく、画面をタップするときと同じ感覚でタップしてください。

photo_iphone7_plus - 7


ホームボタンを2回タップしても画面が下がらないときは、設定アプリの【一般】→【アクセシビリティ】を開き、【簡易アクセス】がオンになっていることを確認してください。

こちらもご覧ください。
『iOS 10.2』で追加される新機能まとめ
『iOS 10.1.1』公開、気になる変更点は?

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ