YouTubeの動画をバックグラウンドで再生する方法【iOS 10】

YouTube


© 2016 Google Inc.

『iOS 10』で『YouTube』の動画を再生しながら、ほかのウェブページを見たり、ほかのアプリを使ったりする方法をご紹介します。

YouTube動画を再生しながらSafariで他のページを見る方法

iOS 10でSafariが対応した、インライン再生を使います。

SafariでYouTubeの動画を再生します。

YouTube動画を再生


再生が始まったら画面をタップ。画面右下にあるボタンをタップしましょう。

YouTube動画を再生


すると動画が小さくなり、再生する前のサイズに戻りますが、再生は続きます。

YouTube動画を再生


ここで新しいタブを開けば、動画を再生しながらほかのページを見ることができます。

YouTube動画を再生しながら他のアプリを使う方法

まずはSafariでYouTubeの動画を再生します。YouTubeの公式アプリでは、バックグラウンド再生は行えません。

再生が始まったら、ほかのアプリやホーム画面を開きます。再生はいったん止まりますが、問題ありません。

コントロールセンターを開く
つぎにコントロールセンターを開きます。画面下端をタップし、そのまま指を離さず上に引き上げます。


コントロールセンターを左にスワイプ。

コントロールセンター


再生ボタンをタップすると、YouTubeの動画がバックグラウンドで再生されます。

YouTube動画をバックグラウンド再生


YouTube動画をバックグラウンド再生
バックグラウンドで再生している際は、ロック画面にも表示され、再生・一時停止などのコントロールが行えます。


アプリによっては音声の再生が優先されるなどの仕様により、YouTube動画の再生が止まることがあります。

YouTubeアプリの動画をSafariで開き直す方法

最新版のYouTubeアプリでは、Safariで動画を開くように設定できます。設定方法はこちらのページをご覧ください。
YouTube動画を公式アプリではなくSafariで再生する方法

———

動画の右上に表示される【→】をタップ。

YouTube動画のリンクをコピー


© 2016 Google Inc.

【リンクをコピー】をタップします。

YouTube動画のリンクをコピー


© 2016 Google Inc.

Safariを開き、アドレスバーを長押し。【ペーストして開く】をタップし、SafariでYouTubeの動画を開き直しましょう。

YouTubeをSafariで開く


YouTube ・販売元: Google, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 105.4 MB
・バージョン: 11.41
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ