バッテリーにも影響する「プッシュ」と「フェッチ」の違い

メールアプリ


メールなどの新着データを取得する方法には「プッシュ」と「フェッチ」という、2つの種類が用意されています。

これらの方法をうまく使いこなせば、iPhoneのバッテリーの持ちが良くなります。

プッシュとは?

新しい情報をほぼリアルタイムに受け取れる方法です。

プッシュ


たとえば誰かからメールが送られてくると、そのメールをすぐに受信・通知できます。

ただし、通信する頻度が多くなるので、利用するアプリが増えると通信量が増えたり、バッテリーの消費が増えたりします。

フェッチとは?

一定の時間ごとに新しい情報がないかをチェックする方法です。

フェッチ


たとえば誰かがメールを送っても、メールアプリを開くか、一定の時間をおいてチェックするタイミングにならないと、新着メールを受信しません。

チェックする頻度を減らせば、バッテリーの消費も減らせます。

プッシュの注意点

すべてのアプリやメールアカウントがプッシュに対応しているわけではありません。

たとえば『iCloud』のメールアカウントはプッシュに対応していますが、『Gmail』のメールアカウントは非対応です。

バッテリーの持ちを良くするには?

設定アプリを開きます。

設定アプリ


【メール】→【アカウント】→【データの取得方法】を開き、【プッシュ】をオフにしましょう。

プッシュ


下の【フェッチ】は【手動】にします。

フェッチのスケジュール


こうすることで、メールや連絡先などの同期は「手動」になります。

アプリを開いたり、アプリの同期ボタンをタップしたりすることで同期します。これらの操作をしなければ新しいデータは取得できないので、注意が必要です。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ