【検証】Su-Penグラビティドロップモデルはゲームがしやすいのか?

Su-Penグラビティドロップモデル,パズドラ


タッチペンを使ってスマホゲームを遊ぶ方は多いと思います。
なかでも、『Su-Pen』を使っている方が多いのではないでしょうか?

今回はこれまでのキャップ式ではなく、片手でペン先を出し入れできるノック式の新モデル『Su-Pen グラビティドロップモデル』を使ってゲームやアプリのしやすさを検証してみました!

これまでのモデルよりも、しっかりとした「重み」があるので、安定した操作ができるはず!さっそくご覧ください!

新モデルのSu-Penについて詳しくはこちら→ 大人気のタッチペン『Su-Pen』に新モデルが登場!

Su-Pen グラビティドロップモデルでアプリのしやすさを検証!

パズドラ

まずは、パズルゲームの定番『パズドラ

Su-Penに重さがあることで、あまり力を入れなくても、ドロップの斜め移動などがとてもやりやすかったです。
手で持ちながらのプレイでも安定しますよ。

ナオトさん(@naoto_gagaga)が投稿した動画

マーベルツムツム

次にスピード性が重視される『マーベルツムツム』。

グラビティドロップモデルはしっかりとした重みがあるため、安定して「ツム」を繋げていくことができました。
しかし、スピード重視のゲームだとグラビティドロップモデルは少し重すぎるかなとも感じました。長時間プレイすると、 腕が疲れてしまいそうです。

ナオトさん(@naoto_gagaga)が投稿した動画

妖怪ウォッチぷにぷに

同じくスピード性が問われる『妖怪ウォッチぷにぷに』。

こちらも安定して「ぷに」を繋げていくことができましたが、「ぷにぷに」の場合は「ぷに」を繋げながら、「ぷに」をタップして消す必要があるため、グラビティドロップモデルだと少し重く感じました。

ナオトさん(@naoto_gagaga)が投稿した動画

メモアプリでも検証

他にも、実際にメモアプリでリンゴの絵を書いてみました。

重みがある分、タッチに必要な力が少なくても、サラサラとした書き心地でした。
メモ書きなど、さらっと書くのに、かなり使いやすいですよ。

ナオトさん(@naoto_gagaga)が投稿した動画

スマホを持ちながらでも安定操作

今回、実際に『Su-Pen グラビティドロップモデル』を使って、4種類のアプリをプレイしてみましたが、ある程度の重さがあることで、どれもタッチする時に押す力がそこまでいりませんでした。

重心も下向きになっているので、これまでの『Su-Pen』よりもタッチに力を入れなくてスムーズに操作できます。普段、スマホを手で持ちながら操作している方は、安定して操作することができるのでオススメですよ!

Su-Penグラビティドロップモデル,パズドラ


Su-Pen P201S-GDS[グラビティドロップモデル]の商品情報はこちら

Su-Pen P201S-GDS[グラビティドロップモデル]

AppBank Store ・販売元: AppBank Store Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 8.2 MB
・バージョン: 1.7.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!