危ないウェブサイトを見分ける方法

Safari


そのウェブサイトにセキュリティ上の問題がないか、どこで判断すればよいのでしょうか。いくつかのポイントをご紹介します。

(1)メール・SNSのリンクは要注意

メールで送られてきた、あるいはSNSに投稿されているリンクには注意しましょう。偽サイトに誘導して個人情報を盗む、フィッシング詐欺も紛れているからです。

リンクは長押しすると表示・コピーできるので、説明通りのウェブサイトに誘導するものなのかを確かめましょう。

SafariでURLを確認


メールの送信者・SNSの投稿者にも注意してください。知り合いや企業を装っている場合があります。

(2)短縮URLは展開する

SNSなどで使われる短縮URLは便利ですが、それを開くまで元のURLは分かりません。

短縮URLを展開するサービスを使い、元のURLを確認するようにしましょう。フィッシング詐欺では短縮URLで元のURLを隠し、偽サイトに誘導します。

「bit.ly」や「goo.gl」から始まる短縮URLでは、以下のページでご紹介している方法で元のURLを確認できます。
短縮される前のURLをすぐ確認できる方法

AppBankでは、以前に『Where Does This Link Go?』をご紹介しています。

Where Does This Link Go?

短縮URLをペーストして【Expand】をタップすると、元のURLが分かります。

Where Does This Link Go?


画像:Where Does This Link Go?

(3)Googleなどに診断してもらう

Google・セキュリティ企業は、URLからウェブサイトの危険性を診断するサービスを提供しています。

訪れる前、あるいは個人情報を入力する前に1度チェックしましょう。

Googleの『セーフ ブラウジングのサイト ステータス』の場合、診断したいウェブサイトのURLを「URLを入力」にペーストし、隣の虫眼鏡ボタンをタップします。

すると、診断結果が下に表示されます。

セーフ ブラウジングのサイト ステータス


©2016 Google

ご利用はこちらからどうぞ。

セーフ ブラウジングのサイト ステータス – 透明性レポート – Google

トレンドマイクロの『Site Safety Center』の場合、【今すぐ確認】ボタンの上にある欄にURLをペーストして【今すぐ確認】をタップします。

Site Safety Center


© 2016 Trend Micro Incorporated.

すると、その診断結果が表示されます。

Site Safety Center


© 2016 Trend Micro Incorporated.

ご利用はこちらからどうぞ。

Trend Micro Site Safety Center

(4)アドレスバーを確認する

ウェブページのURLが間違っていないか、アドレスバーで確認しましょう。偽サイトは似たURLを使い、企業の公式サイトなどを偽ろうとします。

Safariのアドレスバー


通信が暗号化されているかも確認してください。暗号化されているウェブサイトでは、URLの前に南京錠が付きます。

たとえばApple IDを扱うAppleのウェブサイトでは、以下の表示になります。

Safariのアドレスバー


ログインしたり、個人情報を送ったりするサイトでは通信が暗号化されていないと、第三者にその内容を盗み見される恐れがあります。

そのため、ログイン・個人情報の送信を行う多くのサイトでは、通信を暗号化するための措置が講じられています。

iPhoneが操作不能になる動画も流行しています。ご注意ください。
【注意】iPhoneをフリーズさせる動画が流行中

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ