覚えておきたいSafariの「タブ」の裏技

Safari


iPhoneのSafariに「タブ」は必要不可欠な存在です。タブをうまく扱えれば、Safariがもっと便利になります。

タブボタンを長押し

Safariの画面右下にある、タブのボタンを長押しすると・・・

Safari:タブ


【◯個のタブを閉じる】が現れます。これをタップすると、いま開いているタブをすべて閉じることができます。

Safari:タブを閉じる


これを使えば、タブを閉じるためにタブの選択画面に切り替え、タブを閉じる操作をする必要がなくなります。

新規タブをバックグラウンドで開く

リンクを長押しして【新規タブで開く】を選ぶと、タブの選択画面を経て新しいタブに切り替わってしまいます。

Safari:新規タブで開く


設定アプリの【Safari】→【リンクを開く】で、【バックグラウンド】を選びましょう。

Safari:タブの開き方


すると、新規タブで開く操作をバックグラウンドで行えるようになります。

Safari:バックグラウンドで開く


新規タブで開くたびにタブが1回1回切り替わらないので、「あとで読もう」というページを開いておくときに重宝します。

最近閉じたタブを復活させる

タブの選択画面で画面下の【+】を長押しすると、最近閉じたタブを復元できます。

Safari:最近閉じたタブを開き直す


履歴を漁ったり、あらためて検索し直したりする手間が省けます。

ほかのデバイスのタブを開き直す・閉じる

同じ『iCloud』アカウントで同期しているiPhone・iPad・Macは、Safariで開いているタブも同期できます。

同期しているタブがどこに表示されるかというと、タブの選択画面の下に表示されます。タップするとタブで開いているウェブページを開き直せます。

Safari:ほかのデバイスのタブ


タブを左にスライドすれば、そのデバイスのタブを閉じることもできます。

Safari:ほかのデバイスのタブを閉じる


こちらのページもぜひご覧ください。
SafariでPDFは読みづらい、使うべきアプリはコレ!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ