【解説】Evernote「社員がメモ閲覧」問題とは

Evernote


© 2008 – 2016 Evernote Corporation 以下同じ

オンラインメモサービス『Evernote』をめぐり、先週からある騒動が起きていました。

どんな騒動だったのか?

Evernoteは、2017年1月23日から新機能開発のために、ユーザーがEvernoteに保存しているメモを、Evernote社の一部社員が閲覧できるようになることを通知しました。

その新機能とは、機械学習を用いてメモを自動で分析し、その結果から関連する機能やコンテンツを提供できるようにするものです。

たとえばタスクリストの作成・旅行のスケジュール整理を自動化するとしています。

そのためにはEvernoteのメモを機械学習にかけ、その結果をEvernoteの社員が目視で確認する場合がある、とEvernoteは説明。ただし、個人情報は自動で非表示になり、見られるのはメモの一部で、誰のメモかも分からない形になるとしています。

この機械学習・社員によるチェックを望まないユーザーは2017年1月23日までに、設定を変更して「不参加」にする必要がありました。

こうしたEvernoteの手法や説明に、ユーザーから不安の声が出ます。

来年に予定されていた変更は行われず

こうしたユーザーの声を受けて、Evernote社は来年から行う予定だった今回の変更を取りやめました。

機械学習にまつわるプログラム自体は導入されますが、参加したいユーザーが設定から申し込むことで参加できるようになります。

ただし、説明にあった機械学習を用いた新機能がすぐ導入されるわけではないようです。

初期設定では「不参加」になっているので、Evernoteに保存しているメモがEvernote社の社員に見られる可能性はこれまでと同じで、変わりありません。

引き続き社員による閲覧が認められるケースも

今回の変更がなくても、引き続き以下の場合には一部の社員がEvernoteのメモを見ることが認められます。

  • Evernoteのサービス利用規約に違反している場合
  • トラブル解決のためにサポート担当者が見る場合
  • Evernoteとユーザーの権利や所有物・身の安全を保護するために必要な場合
  • 裁判所命令への対応など、法的義務を順守することが求められる場合

Evernote社によれば、こうした対応はほかのウェブサービスでも行われているそうです。

iPhoneのメモアプリに移行する方法

Evernoteの代わりとしては役不足感も否めませんが、iPhoneに最初から入っているメモアプリに移行する方法もあります。
EvernoteからiPhoneのメモアプリに移行する方法

Evernote


参考

Evernote - あらゆる情報をまとめて記憶 ・販売元: Evernote
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 166.6 MB
・バージョン: 7.18.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!