【不具合】iPhone 7 Plusでカメラが使用不能に

iPhone 7 Plus


一部の『iPhone 7 Plus』で、iSightカメラが使用不能になる不具合が起きているようです。具体的な症状と対処法をご紹介します。

iSightカメラが使用不能に

問題が起きているiPhone 7 Plusでは、カメラアプリを起動しても画面が暗いまま、あるいは画面が緑や紫の明滅を繰り返すそうです。

カメラアプリを起動した際に「iPhoneを冷やしてください」と表示される場合もある、と報じられています。

iSightカメラが使用不能になったときは

上記の症状が見られるのであれば、まずはカメラアプリを再起動しましょう。

ホームボタンを2回連続して押し、カメラアプリを上にスワイプ。それからカメラアプリを再び開きます。

次に、iPhoneを再起動してみましょう。

向かって右側にあるロックボタンを長押し。【スライドで電源オフ】が表示されたら、右にスライドして電源をオフにします。しばらく待ってから、Appleのロゴが表示されるまでロックボタンを再び長押ししましょう。

上記の対処法を試しても解決しないときは、Appleのサポート窓口に問い合わせてみましょう。

お問い合わせ – Apple サポート 公式サイト

海外ではiSightカメラの修理、あるいはiPhone 7 Plus本体の交換という対応になるそうですが、日本でも同様の対応になるかは不明です。

iSightカメラが使用不能になる原因は?

カメラとデータをやり取りするケーブルが外れたり、損傷したりしていることが原因ではないか、と考えられています。

すべてのiPhone 7 Plusで発生しているトラブルではないことから、製造時に一時的な問題が起きていた可能性があります。

お使いのiPhone 7 Plusでもこの問題が起きていないか、カメラアプリを起動してご確認ください。

参考

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 26.4 MB
・バージョン: 1.1.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ