iPhoneでメールアプリを乗り換える方法

メールアプリを乗り換える


iPhoneに最初から入っているメールアプリが使いづらい、もっと便利な機能が欲しい。そんなときは別のアプリに乗り換えてみませんか。

必要なのはIDとパスワードだけ

iPhoneで使えるメールアプリの多くは、IDとパスワードだけで乗り換えられます。

Spark たとえば『Gmail』をメールアプリで使っていた場合、GmailのユーザーIDとパスワードを新しい他社製メールアプリで入力して連携を許可すれば、そのまま乗り換えが完了します。


©2017 Google

別の方法でGmailを登録していない限り、メールアプリで受信・送信したメールやフォルダに分類したメールはGmailのサーバーにあります。他社製メールアプリでIDとパスワードを入力して連携を許可すれば、そのデータにアクセスできるので乗り換えの手間がかかりません。

ただし、アプリによっては対応しているメールサービスが限られているので、利用されているサービスによってはアプリで送受信できないことがあります。

iPhoneで使える、無料の他社製メールアプリ

Spark

メールの自動振り分け・リマインド通知のほか、該当するメールを抽出するスマートフォルダなど、無料とは思えないほど機能が充実したメールアプリです。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

Gmailのほか『iCloud』メール・『Outlook.com』・『Exchange』に対応しています。

Spark - メールがもう一度楽しくなる Spark – メールがもう一度楽しくなる(iTunesでのレビュー評価:


詳しくは以下のページをご覧ください。
快適すぎるメールアプリ『Spark』入門

Outlook

マイクロソフトが公開しているアプリで、メールだけでなく予定・ファイルも管理できる点が特徴です。Outlook.comだけでなく、GmailやiCloudのメールにも対応しています。

Outlook


© 2015 Microsoft Inc.

Microsoft Outlook - メールと予定表 Microsoft Outlook – メールと予定表(iTunesでのレビュー評価:


リリース当時の記事はこちら。
Microsoftがメールや予定を管理できる『Outlook for iOS』を公開!

Gmailユーザーなら『Inbox』も

Gmailをお使いなら『Inbox』という選択肢もあります。Googleが公開しているアプリですが、Gmail公式アプリとは異なります。

Inbox


© 2016 Google Inc.

詳しくはこちらのページをご覧ください。
『Gmail』とGoogle製アプリ『Inbox』は何が違う?


ただし、Gmailにしか対応していないので、ほかのメールサービスを利用するクライアントアプリとして使うことはできません。

メールアプリを乗り換えた後にすべきこと

メールアプリを別のものに切り替えたら、iPhoneに最初から入っているメールアプリを凍結しましょう。

そのままだとメールの通知を二重に受け取るだけでなく、通信量の無駄づかいにもなります。

設定アプリの【メール】→【アカウント】を開き、乗り換えたメールサービスを選択しましょう。

メールアプリを乗り換えた後にすべきこと


【メール】をオフにします。これでiPhoneに最初から入っているメールアプリでは、そのメールサービスのメールを送受信できなくなります。

メールアプリを乗り換えた後にすべきこと


まとめ

有料の他社製メールアプリもありますが、日本語には未対応だったり、値段も安くはなかったりと、いきなり飛び込むことはお勧めできません。

まずは無料の他社製メールアプリを試して、「こんな機能があればいいのに」という部分を補うアプリを探してみてはいかがでしょうか。

参考

The best email app for iPhone iPad and Mac | Spark

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 26.4 MB
・バージョン: 1.1.3
▲ 参考になったら押してみよう! ▲
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
タップするタイミングでスキルが変化するリアルターン制の3Dバトルが爽快!王道RPG『遥かなる異郷グランヴィリア』事前登録受付中!

遥かなる異郷グランヴィリア

AppBank 全力プッシュ!

オススメ