【パズドラ】姿”だけ”は美しい堕天使! ベリアルのキャラクター考察

悪魔シリーズ「ベリアル」設定調べてみた


パズドラのキャラクターの歴史での設定や由来を知って、キャラクターにもっと愛着を持ってみましょう。今回は悪魔シリーズの「ベリアル」を紹介します。

神話でのエピソードや、パズドラでのイラストなど。
ベリアルについて色々触れてみました。

※ライターによる考察です。公式発表された設定・情報ではありませんのでご了承ください。

攻略記事一覧 → パズドラ攻略
最新ニュース・ネタ記事一覧 → パズドラ


ベリアル

魔神・ベリアル


モンスターデータはこちら

爆轟の魔神卿・ベリアル

神話では・・・

ベリアルは「無価値なもの」「悪」「反逆者」を意味する名前で、悪魔、堕天使の1人です。
「天から失われた者で、ベリアル以上に端麗(たんれい)な天使はいなかった」と言われるほど、美しい天使とされています。

しかし、姿は美しいものの、「性格はかなり汚れていた」と言われているようです。
「天から堕ちた天使のうち、彼ほど淫ら(みだら)で、また悪徳のために悪徳を愛する不埒(ふらち)な者も、他にはいなかった」と言われるほどの性格だそう。
あまりの性格に、「美しい姿は偽り」とまで言われていたんだとか。

ベリアルは法律に詳しく、とても喋りが上手かったとされています。
その喋りを使い、「地獄の権利、地上の支配権を奪った」としてイエスを訴えたそうです。
結果的にはイエスの無罪となりましたが、強い信仰を集めるイエスを裁判に持ち込めるほど、喋りに優れていたということがわかりますね。

グリモワールにおいてのベリアル

イエスとともに聖書に登場するベリアルは、魔術の書物『グリモワール』にも書かれています。
『グリモワール』のうちの1つ『ゴエティア』には、「燃え上がる戦車」に乗る美しい天使の姿で描かれていますよ。

全天使のリーダーであった「ルシファー」の次に創られたとされているようです。
そこから、80もの軍団を統率する、序列68番の強大で強力な王とされています。
また、ベリアルを召喚した者が生贄を捧げないと、要求に対して真実を答えてくれないそう。
「美しい姿は偽り」と言われた理由の1つなのでしょうね。

しかし、ベリアルに服従する者に危機が迫ったときには、必ず救いに来てくれると言われています。
服従する者には必ず救いを与える、炎のようにアツい天使だったようです。

パズドラでのベリアルは?

パズドラでは「悪魔」として登場しています。
一部ダンジョンで「1ターンも待ってやらねぇ!」という攻撃がありますね。
多くで描かれている「汚い性格」から、この意地悪な攻撃をしてくるのかも。

爆進の魔神卿・ベリアル


書物『ゴエティア』で「燃え上がる戦車」に乗った姿が描かれていたことから、パズドラでも戦車に乗っています。
「燃え上がる戦車」に乗っているだけあって、ベリアルの属性は火だったりスキルが「炎の呪い」だったりと「火」に関係していますね。

ベリアル 戦車


詳しいステータスを確認しよう

「ベリアル」のHPや攻撃力などの詳しいステータスは、パズドラ究極攻略データベースで今すぐチェックしましょう!

爆轟の魔神卿・ベリアル

pzdb



パズドラくん パズドラくん(@pdkun
(・・・あれ戦車だったのか・・・)
誰ですかー、ベリアルさんが乗っているのは「車椅子」とか言った人はー。
怒らないから出てきなさい。先生も怒られる対象だから()

こちらもあわせてどうぞ
パズドラ 究極攻略データベース

AppBankのオススメゲームはこちら!

AppBankのオススメゲーム

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ