iPhone 8の曲面ディスプレイは広さ・見た目重視、活用した新機能は・・・

iPhone 8


iPhone 8には、左右の両端が丸みを帯びた曲面ディスプレイが搭載されるという噂があります。

丸みの具合によっては正面から見づらい部分になりますが、どんな機能が割り当てられるのでしょうか。

iPhone 8の画面はそこまで丸みを帯びない?

iPhone 8の画面は『Galaxy S7 edge』ほどの丸みを帯びず、その度合いは緩やかだとする消息筋の話が報じられています。

デザインが似る問題もあると考えられますが、左右の両端が丸みを帯びたフロントパネルと液晶を製造時に組み合わせることが難しいとする理由が挙げられています。

曲面ディスプレイのメリットと新機能

画面の両端に丸みを帯びさせるメリットは、本体のサイズを大きくしなくても画面を広くできること、そして見た目も良くなることだそうです。

しかしこの曲面を活かした新機能、たとえば通知が表示される・アプリの操作に使うパネルが表示されるといった機能が新たに用意されることはない、とされています。

丸みの具合が急でなければ正面からも見えますが、この部分を活かした新機能がない状態で画面の広さを感じることができるのでしょうか。

曲面ディスプレイは採用せず、『iPhone 6』から使われている2.5Dガラスを使うという噂も出ています。2.5Dガラスについては以下のページでご紹介しています。
iPhone 8が旧型モデルと変わらない点は・・・

参考

Nikkei: iPhone 8 OLED display curves to be ‘gentler’ than Samsung’s, offer no new functions | 9to5Mac

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 26.4 MB
・バージョン: 1.1.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ