MicrosoftがToDoアプリを公開、その特徴とは

MicrosoftがToDoアプリを公開、その特徴とは


© Microsoft Corporation 以下同じ

Microsoftが、1日の「すべきこと」を管理できるアプリ『To-Do』を公開しました。

同社はToDoアプリ『Wunderlist』の開発元を2015年に買収していますが、どのようなアプリになっているのでしょうか。

難しくないToDoアプリ

ToDoアプリというと期限やカテゴリを決め、とにかく細かく設定・分類する印象があります。ところがTo-Doはそういった小難しさ・面倒さがなく、手軽です。

MicrosoftがToDoアプリを公開、その特徴とは
画面下にある【ToDoの追加】をタップし、今日1日で「すべきこと」を記入します。


すると「私の1日」というリストに追加されます。終わったら項目にチェックを入れるだけです。

MicrosoftがToDoアプリを公開、その特徴とは


その日に終わらなかった項目はリストに残りますが、翌日には「私の1日」リストから消えます。

MicrosoftがToDoアプリを公開、その特徴とは


翌日にはまた、その日に「すべきこと」を記入。前日と違うのは、終わったら電球ボタンをタップすることです。

MicrosoftがToDoアプリを公開、その特徴とは


MicrosoftがToDoアプリを公開、その特徴とは
電球ボタンをタップすると、前日に終わらなかった項目・期限を過ぎた項目などが表示されます。もし今日できるなら【+】をタップして「私の1日」に追加しましょう。


To-Doが採用しているこの方法なら、1日の始まりに「すべきこと」を手軽に見直せるので、ToDoアプリにありがちな未完項目が山積してしまう問題を避けられます。

To-Doの他の機能

MicrosoftがToDoアプリを公開、その特徴とは
項目をタップすればアラーム・期限・繰り返し・メモを設定できます。


画面左上の【≡】をタップすれば、たとえば「プライベート」・「仕事」・「買い物」など、分類に使えるリストを追加できます。

リストはそれぞれでデザインを選べます。

MicrosoftがToDoアプリを公開、その特徴とは


To-Doの利用にはMicrosoftアカウントが必要ですが、無料で作成できます。ぜひお試しください。

Microsoft To-Do ・販売元: Microsoft Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 66.6 MB
・バージョン: 1.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
10vs10で繰り広げられるリアルタイム海戦が楽しめる『戦艦同盟』事前登録開始!
事前登録者数に応じて、得点がどんどん豪華になっていくぞ!

戦艦同盟

AppBank 全力プッシュ!

オススメ