【新宿VR】7mってビル何階分? クライミングと滝の垂直落下を初体験!

vr - 1



バンダイナムコエンターテインメントが7月14日に新宿にオープンする国内最大級のVR施設「VR ZONE SHINJUKU」。

施設内を歩いていると、突然視界に飛び込んでくる巨大な崖と滝!なんじゃこりゃあ!!

vr - 2


※上記の画像はイメージ画像です。

その答えは、トラップ満載の崖を登っていく『トラップクライミング』!いわゆるボルダリングですね、楽しそう!

vr - 3


そして7メートルの高さから垂直落下で滝つぼに飛び込む『ナイアガラドロップ』!高速スライダーで気持ちよさそう!!

vr - 4


というわけで、VR ZONE SHINJUKUで楽しめるのはVRアクティビティだけではありません。VRゴーグルを使わず、自分の体を実際に動かすバーチャルリゾートアクティビティも用意されているんです。

そんな『バーチャルリゾートアクティビティ トラップクライミング/ナイアガラドロップ』の体験レポートをお届けします。

VRsign_sports_60-2_0612_ol


40代でメタボ体型なおっさんゲーマーの自分(そめやん)と、登山もこなす肉体派のはっせぃで挑戦してきましたよ!

▼左が自分(そめやん)で、右がはっせぃ。
vr - 5


なお、ナイアガラドロップ、トラップクライミングの2アクティビティを利用する際、18歳未満の方は保護者の同意が必要です。同意書は公式サイトでダウンロードできるので、あらかじめ同意書に保護者署名を記入して、用意しておきましょう!

壁が崩れて、エアーが吹き出す!トラップ満載のクライミングに挑戦

まずは7mの崖を登る『トラップクライミング』にチャレンジ。自分、こういうクライミングとかボルダリング系は初体験なので、普通にドキドキ。

服を着替えて、滑りにくい靴にはきかえて、ちゃんと命綱的なロープをつけてから、いざクライミングにスタート!

▼命綱的なものとヘルメットもあるので、安心。
vr - 13


vr - 14


このアクティビティにはレベルが設定されており、最初はレベル1という簡単なもの。指定された色の石や、プロジェクションマッピングによって描かれた壁面を見ながら、一番上を目指していきます。

そして、最上部にあるスイッチを押せばクリアとなり、次のレベルへ進める仕組みです。まあ、登ればいいってわけですね。シンプル イズ ベスト!

最初に指定されたのは、黄色い岩。けっこうでかい。右手と左手でつかんで、右足をかける。

うん。全然問題なし!いける、いける!

続いて左足が地面から離れて、黄色い石に。ぐ。自分の体重を支えるって、けっこうきついな……。

着実に一歩ずつ登っていくと、隣のはっせぃのほうからファンファーレが。え?もうレベル1をクリアしたの!?

▼はやっ。さすがは山男(?)。
vr - 6


隣を見ると、レベル2からは指定される石が小さくなり、難易度が上がっている模様。

しかも、プロジェクションマッピングによって崖が崩れるという演出も。なんだか楽しそうだな、おい!

僕も早くレベル2に進みたい。でも、体が動かない。重い……。

落ちるのはイヤなので、慎重に進んでいくワタクシ。すると、いきなり壁から「ブフォー!!」という異音と衝撃が!?

あ゛ー。思わずこぼれる、変な声。

vr - 7


そうです。これは『「トラップ」クライミング』。トラップ、すなわち罠が用意されており、登っている僕にエアーで攻撃してくるのです。やめてよ、もう。

そんなトラップに負けず、頑張って最上部を目指す僕でしたが、途中で下を見ちゃってちょっぴり後悔。

最上段の7メートルまであと少しだったんですけど、十分高いわ。そして怖いわ。

ねえ、7mってビル何階分だか、知ってる?ネットで調べたら、2階分くらいなんだってさ。

2階と聞くと低そうですけど、ちょっと待った。2階のベランダじゃなくて、天井だからな。実質的には3階のベランダから落ちるようなもんだからな。

自分、2階のベランダからは飛び降りたことがあるけど、3階は未経験。未知の高さ。でも、たぶん、骨が折れる。体は知らないけど、頭でわかる。怖い。

そんな恐怖が頭のなかをぐるぐるしながらも、もう進むしかありません。あと少しだし。

▼しがみつくだけで精一杯。
vr - 8


手をぷるぷるさせながら、なんとか、ボタン、押す。もう、息もたえだえ。クリアした。やったぜ。

でも、クライミングは下に降りるまでがクライミングだってこと、忘れてた。

え?7メートルって、高くない?ここからどうやって降りればいいのよ!

最上段で固まる僕に、優しく声をかけてくれるスタッフのお姉さん。

「大丈夫ですよ。(命綱がついているから)両手を離して、壁を蹴りながらおりてきてくださーい」

いや、無理。マジムリ。怖くて離せない。

うだうだしていると、またお姉さんが声をかけてくれました。

「大丈夫ですよー。(命綱がついているから)心配しないで、両手を離してみてくださーい」

ごめん。やっぱりムリ。でも、壁にしがみつきすぎて手がぷるぷるからビクビクしてきたので、覚悟を決めて両手を離しました!

すると……あれ?命綱のおかげで落下がゆっくり。ああ、これなら確かに壁を蹴って降りていけるわー。

しっかりした安全仕様で、あっという間に地面に帰還。もっと早く手を離せばよかった……。

▼倒れこんで放心。怖かった……。
vr - 9


そんな僕に声をかけてくる、スタッフのお姉さん。

「レベル2に挑戦しますか?」

え?今の醜態見てたのに、次を勧めてくるの?

いいでしょう。やります!

……と意気込んでみたものの、体はついてこず。レベル2の途中でリタイヤしちゃいました。てへ。

▼もはや、ここまで!
vr - 10


▼足がガクガクで着地もママならねえ。スタッフのお姉さんも心配して駆け寄ってきてくれました。
vr - 11


vr - 12


決め手となったのは、お姉さんからのアドバイス。

「このアクティビティで疲れすぎちゃうと、次に『ナイアガラドロップ』を体験するときに手がしびれて、うまくできないかもしれませんよ

たしかに!まだ次のアクティビィもあった!ここでムリをするのはやめとこう!

そんな言い訳をしながら、僕の初クライミングは終わりました。

一方その頃、はっせぃは最凶難易度のレベル4まで進んでいました。

vr - 15


結局、クリアはできませんでしたが、そもそもレベル4はスタッフでもクリアした人がいないほどの超絶難易度になっているとか。

▼さすがのはっせぃも、これはムリッ……。無謀ッ……。無念のリタイア。
vr - 16


はっせぃ、普通にすげえな……。

7mの滝から垂直落下!滝つぼに滑りこもう!

続いては、崖の隣に設置された滝へと移動。この『ナイアガラドロップ』では、バーにつかまって7mの高さまで登り、そこで手を離して滝つぼ(ボールがたくさん入っていて安全)への垂直落下を楽しむアクティビティです。

滝の流れはプロジェクションマッピングでリアルに表現されていて、大自然な感じを味わえます。

まずははっせぃからチャレンジ。バーにつかまって、上まで登っていきます。

vr - 17


「やべー!たけー!すげー!こえー!」

vr - 18


なんか頭が悪そうな叫びが聞こえますが、なんだか楽しそう。笑顔だし。

そして、手を離すはっせぃ。落ちてくるはっせぃ。笑いながら滝つぼにつっこむはっせぃ。

vr - 19


vr - 20


はっせぃは終始、いい笑顔でした。

感想はどうだった?

「滝の水の表現がさらさらってしていてすごかったですね。あまり見る余裕はなかったっすけど。あと、内臓が浮く感じがしました」

▼爽やかな表情で錯乱中?
vr - 21


うむ、さっぱりわからんが、まあいいや。

続いて自分もバーにつかまり、滝を上昇していきます。

▼ちょっと不安なおももち。
vr - 22


「やべー!たけー!すげー!こえー!」

やべえ、さっきの人と同レベル。ちょっと違うのは、上昇中に指がぷるぷるしてきたこと。

▼おや?そめやんの様子がおかしいですよ?
vr - 23


……なんとなく予想してましたが、自分の重さをささえきれません、隊長ォォ!!

1秒が永遠(とわ)くれェ長ェ……!!

vr - 24a


必至につかまっていたつもりですが、無情にも指は離れ、滝つぼまでダイブ。

・・・(やっちゃった)

vr - 25


「あー。たまに、怖くて途中で手を離してしまう方もいらっしゃるんですよね。もう一度チャレンジしてみます?」

スタッフのお姉さん、優しい!明らかに恐怖どうこうの落ち方じゃなかったけどな!

でも、上昇中の中途半端な高さから落ちただけども、ものすごい落下感を味わえました。怖いけど楽しいという不思議な感覚!

ぜひ今度は、ちゃんと7mの高さから落下したい!(使命感)

そんな僕の意気込みを感じ取ってか、すべり止め付きの手袋を貸してくれるスタッフのお姉さん。なんだこの人、正義のエスパーか?

vr - 26


もう、絶対に失敗できない。

そんな緊張感からか、手袋をつけるのにもたついてしまい、さらに焦る僕。自業自得です。

さておき、手袋を装着して、いざ2回目のチャレンジへ!

上がり始めるバー。しっかりとバーを握りしめた指先。浮き始める体。

vr - 27


……いける!(確信)

(3秒経過)

……いや、これ以上はいけない(絶望)。

ま、まだ半分くらいあるのに、1秒が永遠(とわ)くれェ長ェ……!!(2回目)

▼あかーーん!
vr - 28


▼あ、あ、あ、あかーーん!

vr - 31a


ヒュー。サー。ザバーン!

残念ながら、またダメでした。途中で落ちちゃいました。

vr - 29


「先ほどよりも高いところまでいけましたね!」

笑顔でフォローしてくれるスタッフのお姉さん。本当にありがとうございました!

そんなわけで、7メートルからの落下はできませんでしたが、いい感じの落下感と滑走感を味わうことができました!

崖を登ることと、滝から落ちること。VR ZONE SHINJUKUでは、VR体験だけでなく、日常生活では味わえない体験を楽しめます。

そろそろ夏休みも近づいてきましたし、この夏は新宿のVR ZONE SHINJUKUで未知の体験を楽しんでみてはいかがですか?

……さて、夏に向けてダイエットや筋トレをして、次はちゃんと7mからの滝の落下をできるようにしようっと。

▼我ながら、顔がパンパンでまるでアンパンみたいで絶望。夏に備えよう。
vr - 30


VR ZONE SHINJUKUレビュー&インタビュー

▼VR ZONE SHINJUKUについて
・施設面積:1,100坪(約3,500m2)
・住所:東京都新宿区歌舞伎町1-29-1(JR新宿駅東口 徒歩7分/西武新宿駅 徒歩2分)
・料金:入場料800円、こども(6~12歳)500円、5歳以下無料、1day4チケットセット 4,400円
 ※VRアクティビティの対象年齢は13歳以上です。
・利用方法:予約優先制
 ※予約方法は公式サイトやオフィシャル電子チケットアプリ『VR ZONEアプリ』をご確認ください。
・営業開始日:2017年7月14日(金)
・営業時間:10:00〜22:00 ※最終入場時間21:00
・営業日:年中無休
・運営委託:株式会社ナムコ

関連リンク

VR ZONEアプリ ・販売元: BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 23.7 MB
・バージョン: 1.1.2


©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
どこか懐かしさを感じる、新作なりきりRPG『ミトラスフィア』事前登録受付中!
ボイス、武具、職業をカスタマイズして、なりたい自分になりきろう!

ミトラスフィア

AppBank 全力プッシュ!

オススメ