【アプリレビュー】一瞬で見極めろ!! 数字の小さいブロックを探して突っ込んでいくヘビゲーム『Snake VS Block』

snake_vs_block - 1


Snake VS Block』は、ヘビにボールを食べさせながら伸ばしていき、レンガを壊しながらどこまで進めるか競うゲームです。
ボールには数字があり、ヘビはそのボールを食べれば食べるほど数字が増えていきます。
レンガにも同じく数字が振ってあり、レンガにぶつかると同じ数字分ヘビの数字が減っていきます。

ヘビの数字がゼロにならないように、数字の小さいレンガを壊しつつボールを食べていくゲームです。

「本当に面白いの?」と思うかもしれませんが、これはかなり中毒性が高いゲームですよ!

ヘビを成長させて突き進め!

ヘビはスワイプで左右に動かすことができます。
指を追従するようにキビキビと動くので、端から端まで一瞬で動かせますよ。

snake_vs_block - 2


5と1の数字が書かれたボールに触れると、ヘビの数字が4から10へと増えました。
ボールは命綱なので、見つけたらすかさず触れていきましょう。

snake_vs_block - 3
snake_vs_block - 4


そして、徐々に数字の書かれたレンガが迫ってきています。
レンガに触れると、書かれている数字の分だけヘビの数字が減っていきます。

snake_vs_block - 5
snake_vs_block - 6


レンガの数字は小さいと水色、大きいと赤に近づいた色になっています。
瞬時に判断し、行ける場所を探しましょう。

snake_vs_block - 7
snake_vs_block - 8


前後に動くことができないので、一瞬の判断ミスが命取りとなりますよ!

snake_vs_block - 9


数字の小さいブロックばかり狙ってはダメ

「小さいブロックだけを狙っていればいいんだな。反射神経には自信があるからいける!」
と思っているそこのあなた。実はそれだけではダメなのです。

このゲームはスコアをどれだけ稼げるかを競うのですが、スコアは壊したブロックの数字が加算されるので、小さいブロックばかり狙っているとスコアはあまり上がりません。

snake_vs_block - 10


スコアを伸ばすためには途中に置いてあるブロックを壊したり、わざとちょっと大きい数字のブロックを壊す必要があります。
もちろんそれはゲームオーバーになりかねない諸刃の剣です。
ヘビの残り数と相談しつつ狙っていきましょう!

snake_vs_block - 11


最初は「見た目がちょっとしょぼいかな?」と思っていた本作でしたが、遊んでみるとかなり中毒性が高く、ちょっと時間ができたらついつい遊んでしまう魅力があります。
通勤/通学時間や、友だちを待っているときなど暇つぶしにかなり最適なゲームですよ!

Snake VS Block ・販売元: Voodoo
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 65.0 MB
・バージョン: 1.14

© bento 2017

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
自分だけの国造りを満喫しよう!『Ragnarok~ヴァルハラサーガ~』で事前登録の受付が開始!! 事前登録して、ゲーム序盤で大活躍するレア英雄を手に入れよう。

Ragnarok~ヴァルハラサーガ~

オススメ