【パズドラ】数多を司る女神! ミネルヴァのキャラクター考察

ミネルヴァのキャラクター考察


パズドラのキャラクターの歴史での設定や由来を知って、キャラクターにもっと愛着を持ってみましょう。今回は西洋神第1弾の「ミネルヴァ」を紹介します。

神話でのエピソードやパズドラでのイラストなど。
ミネルヴァについて色々触れてみました。

※ライターによる考察です。公式発表された設定・情報ではありませんのでご了承ください。

攻略記事一覧 → パズドラ攻略
最新ニュース・ネタ記事一覧 → パズドラ


ミネルヴァ

ミネルヴァ


モンスターデータはこちら

戦女神・セイントミネルヴァ

戦女神・ダークミネルヴァ

転生ミネルヴァ

神話では・・・

ミネルヴァは「詩・医学・知恵・商業・製織・工芸・魔術」を司る女神です。
知恵の女神であることから、芸術作品などでは知恵の象徴ともされる「フクロウ」とともに描かれることが多いそうです。

信仰されているローマでは、ユーピテル、ユーノーと呼ばれる神とともに「カピトリヌスの三神」とされるほど重要で偉大な女神なのだそう。
さらには、音楽の発明者とも言われ、その偉大さは図りしれません。

また、ミネルヴァはギリシア神話に登場する「アテナ」と同じ神だ、とも言われています。
そのため、生まれ方や司るもの、聖鳥がフクロウであるなど、様々なものが等しく描かれているのだそう。

「千の仕事の女神」の名

「詩・医学・知恵・商業・製織・工芸・魔術」を司る女神とされているミネルヴァですが、様々な地で信仰されるうちにより多くのものを司る女神になったのだそうです。

その1つとして、イタリアの首都ローマにおいて、アテナの好戦的性格がミネルヴァに共有されました。
その結果、ミネルヴァは「戦い」も司るようになったのだそう。

あまりの司るものや信奉の多さからか、ある詩人はミネルヴァを「千の仕事の女神」と呼んだのだとか。
これだけ多くのものを司り、広い地域で信奉されれば、仕事も千どころか無数にありそうですよね。

パズドラでのミネルヴァは?

パズドラでは「戦女神」と名前につけられていますね。
「千の仕事の女神」とも呼ばれたミネルヴァの司るものの1つ「戦い」が名前に反映されているんですね。

「戦女神」ミネルヴァ


また、どの進化先のミネルヴァの背中には大きな翼が。
もしかしたら、ともに描かれることの多い「フクロウ」の翼なのかもしれませんね。

フクロウの翼?


詳しいステータスを確認しよう

「ミネルヴァ」のHPや攻撃力などの詳しいステータスは、パズドラ究極攻略データベースで今すぐチェックしましょう!

戦女神・セイントミネルヴァ

戦女神・ダークミネルヴァ

転生ミネルヴァ

pzdb



パズドラくん パズドラくん(@pdkun
ミネルヴァさん何でもできるんだなぁ・・・。
もうこのまま家事も司っていただいて、ぜひ私の家に()

こちらもあわせてどうぞ
パズドラ 究極攻略データベース

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 64.2 MB
・バージョン: 3.7.4
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
「PS4」プレゼントキャンペーンが『ゲームコネクト』で開催中。メールアドレスさえあれば、誰でも簡単に応募できますよ。今すぐ申し込みましょう!

「PS4」プレゼントキャンペーン中

オススメ