【新作アプリレビュー】宇宙と霊魂をめぐるアドベンチャー『OPUS: 魂の架け橋』

opusrow01


こんにちはKiDD(@kiddgamestream)です。今回は台湾からのインディーズゲーム『OPUS: 魂の架け橋(オーパス)』をレビュー!

OPUS: 魂の架け橋は、疫病によるパンデミック後の世界でさまよう霊魂たちを宇宙まで送るため、主人公のヨハンを操作してロケットを製作するアドベンチャーゲームです。

霊魂を宇宙に送る「宇宙葬」がある世界で、宇宙葬を行える巫女の「フェイ」と会話しながらOPUSの世界を堪能しましょう。

OPUS: 魂の架け橋を動画でレビュー

ゲームモードの選択アリ

ゲームを始めると最初に難易度の選択があります。

opusrow02


初プレイなら物語を楽しめる【ストーリーモード】の方がオススメです。

opusrow03


ロケットで魂を宇宙に届ける世界

OPUS: 魂の架け橋は「宇宙葬」のある世界です。

opusrow04


序盤はヨハンの少年時代の回想から始まります。

opusrow05


バーチャルパッドでヨハンを操作しながら宇宙葬についての話を聞いていきましょう。

opusrow06


宇宙葬には【巫女】と呼ばれる存在がいるようです。ふむふむ。

opusrow07


などと思っていたら突然の回想終了。これは大変なことになるやつだ。

opusrow08


疫病により文明が崩壊

そして世界は25年後にワープ。

opusrow09


あたりを探索しながら墜落したロケットを探します。

opusrow10


ロケットが残骸に・・・。

opusrow11


ここからヨハンとフェイの物語が始まります。

opusrow12


フェイの話を聞きながら、プレイヤーはヨハンとしてロケットの修理に必要な材料を探していきます。

opusrow13


そしてこの世界のロケット、なんと自動車用のエンジンで動くようです。。。

opusrow14


エンジンがありそうな場所を探索します。

opusrow15


エンジンを見つけました。

opusrow16


こうして部品を見つけると、次はフェイのパートになります。

opusrow17


フェイが修理をしているあいだ、ヨハンで修理に必要な部品を探します。

opusrow18


滅びた文明のかけらを見つけ、OPUSの世界を楽しみましょう。

opusrow19


なお、ダウンロードは無料ですが体験版という位置づけです。最後までプレイするには完全版のアンロック(240円)が必要なので注意してください。

OPUS: 魂の架け橋 ・販売元: SIGONO INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 205.2 MB
・バージョン: 1.1.0

© 2017 SIGONO INC.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ