Wi-Fiの問題を修正したiOSは今月中に提供か

Wi-Fiの問題を修正したiOSは今月中に提供か


画像は合成です。

Wi-Fiのセキュリティに関する機能の1つである『WPA2』に、『KRACK』と呼ばれる重大な弱点が見つかりました

Appleはこの弱点に対して、iOSなどのアップデートで対応する予定です。

数週間以内に提供の予定

これまでの情報では、開発途中のベータ版iOS・watchOS・macOS・tvOSでKRACK問題に対応済みとされていました。

iOSはiPhone・iPad・iPod touch、watchOSはApple Watch、macOSはMac、tvOSはApple TV用のソフトウェアです。

問題は、それがいつ提供されるのか。『Lifehacker』にAppleが寄せた声明によれば、KRACK問題に対応したiOSは数週間以内に公開されます。

また、『9to5Mac』は『watchOS 4.1』が10月中に公開されると指摘。そこから、KRACK問題に対応したiOSなどは今月中にリリースされるのではないか、と推測しています。

iOS 11.1かは不明

「ベータ版のiOS」とされていますが、これが開発者やテスト参加者に限って公開されているベータ版『iOS 11.1』を指しているのか、それとも非公開でテストされている別のバージョン(iOS 11.0.4?)を指すのかは分かっていません。

iOS 11.1では、3D Touchを使ったアプリの切り替え機能の復活・簡易アクセスのバグ修正・新しい絵文字の追加などが予定されています。

iOS 11非対応機種への対応は?

気になるのは『iOS 11』にアップデートできない、『iPhone 5』・『iPhone 5c』・第4世代iPad以前のデバイス、第5世代iPod touch・初代iPad miniの処遇です。

仮にiOS 11.1がKRACK問題を修正したバージョンだとすれば、上記のデバイスはKRACK問題に対応できず、未修正のまま。KRACK問題の詳細は公表済みなので、今後これを悪用した攻撃が増える可能性があり、Wi-Fiを利用する際にはリスクが伴うことになります。

iOS 11でも、『iOS 10』では未修正だった、ほかのセキュリティの弱点が修正されています。iOS 11にアップデートできない機種から対応機種へ買い替える時なのかもしれません。

参考

Apple サポート ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 110.5 MB
・バージョン: 1.2

iOS 11関連情報はこちら!

ついに正式リリースされた『iOS 11』。最新の情報はこちらでご覧いただけます。
iOS 11の最新情報

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ