【パズドラ】レーダーサーチ何日目で『+297』作れる? 計算してみた!

何日で『+297』作れる??


先日の大型アップデートで対戦モードが実装され、話題のパズドラレーダー。
もちろん、今までのサーチ機能は健在。やはり集めたドロップで様々なアイテムを、本編に送ることができるのが魅力!
その中でも育成に欠かせない『+297』を送る方が多いのでは?

はて・・・通勤・通学時間を使ったら、何日で『+297』を送ることができるのか・・・?
この記事では、実際に通勤・通学時間でドロップをサーチ! 何日で『+297』分のドロップが集まるのか計算してみました!

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


『+297』の送り方

まずはパズドラ本編に『+297』を送る方法について、しっかり知っておきましょう。
『+297』を送る方法は、以下の5つ。

交換物 必要なもの
ゼウス(+297)降臨! 光99/虹1
ヘラ(+297)降臨! 闇99/虹1
大泥棒(+99)降臨!
ノア(+99)降臨!
コシュまる(+99)降臨!
火33/虹3
水33/虹3
木33/虹3
ホノりん(攻撃+99)
アワりん(HP+99)
モリりん(回復+99)
火66/虹5
水66/虹5
木66/虹5
ヒカりん(+297)降臨! トレジャー
ノア=ドラゴン
ガイア=ドラゴン
ゼウス=ドラゴン
ウェルドール
モンスターメダル

上記のいずれかを達成することで、パズドラ本編に『+297』を送ることができます。

交換場所について

また、大型アップデート以降、ダンジョン・モンスターの交換場所が変更になりました。
そのため、こちらも確認していきましょう。

①画面下のメニュー、左から2番目の「ショップ」を選択
今までのドロップのマークから「紙袋」のマークに変更されています。

①画面下のメニュー、左から2番目の「ショップ」を選択


②「パズドラ連動」を選択
この画面から、今まで通りダンジョンやモンスターを選択することができます。

②「パズドラ連動」を選択
今までの通りの交換画面


何日で『+297』作れる?

それでは通勤・通学時間を使うと、何日で『+297』を作れるのか? 早速計算していきましょう!

前提条件

まずは前提条件。
以下の条件でドロップをサーチしていきます。

1.通勤・通学時間は片道『1時間』
2.ドロップ出現率『等倍』時

行きの時間

まずは行きの時間を使って、手に入ったドロップ数。
行きは『7回』サーチすることができました。

ドロップ 個数
火ドロップ 7個
水ドロップ 14個
木ドロップ 12個
光ドロップ 10個
闇ドロップ 5個
虹ドロップ 3個

帰りの時間

最後は帰りの時間を使って、手に入ったドロップ数。
帰りは『8回』サーチすることができました。

ドロップ 個数
火ドロップ 9個
水ドロップ 11個
木ドロップ 10個
光ドロップ 11個
闇ドロップ 15個
虹ドロップ 0個

合計ドロップ数・予測

最終的に、1日で集まったドロップ数は以下の通り。
また、その結果を元に何日で『+297』が作れるかの予測も表示しています。

ドロップ 1日目 2日目予測 3日目予測 4日目予測 5日目予測
火ドロップ 16個 32個 48個 64個 80個
水ドロップ 25個 50個 75個 100個 125個
木ドロップ 22個 44個 66個 88個 110個
光ドロップ 21個 42個 63個 84個 105個
闇ドロップ 20個 40個 60個 80個 100個
虹ドロップ 3個 6個 9個 12個 15個

結論!

上記の結果を見ると、「3日目」で『火33/水33/木33/虹9』が集まり、『+297』1体分が手に入るようです。
また、「5日目」には『光99/虹1』『闇99/虹1』も集まるため、追加で『+297』2体分を手に入れることができそうですね。

今回虹ドロップが多く手に入ったこと、サーチごとのドロップ出現のばらつきを考えても、おおよそ「5日目」には『+297』を手に入れることができそうです。
ドロップ出現率アップ時であれば、より少ない日数で交換することも可能と思われます。

注目記事一覧

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


パズドラくん パズドラくん(@pdkun
案外1週間かからずに『+297』が手に入るんですね!
この短期間で集まるわ、対戦楽しいわ・・・。最高かよ。

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 99.6 MB
・バージョン: 4.0.2
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ