必ず設定しておくべき「Apple IDの2ファクタ認証」

必ず設定しておくべき「Apple IDの2ファクタ認証」


iPhoneを使う上で必要不可欠なのが「Apple ID」。App Storeの購入履歴、iCloudに保存している写真・予定・ブックマーク・iPhoneのバックアップなどにアクセスする際に使います。

このApple IDを守る方法をご紹介します。

Apple IDを守る「2ファクタ認証」とは?

Apple IDでログインするには登録したメールアドレスとパスワードが必要ですが、このパスワードを推測されたり盗まれたりすると、比較的入手しやすいメールアドレスと組み合わせることでApple IDは乗っ取られてしまいます。

これを防ぐのが「2ファクタ認証」です。設定しておくと、初めて利用するデバイスからログインの要求があった際、iPhoneに通知します。

必ず設定しておくべき「Apple IDの2ファクタ認証」


さらに、ログインには6桁の確認コードが必要です。コードはその時々で生成されます。

必ず設定しておくべき「Apple IDの2ファクタ認証」

このように、従来のメールアドレスとパスワードに加えて、確認コードの入力が必要になるので、不正なアクセスを防ぐことができます。

コードの入力は初めてログインする際に必要になるだけなので、iPhoneを普段使う際、2ファクタ認証が邪魔だと感じることはないでしょう。

2ファクタ認証の設定方法

設定アプリを開きます。

必ず設定しておくべき「Apple IDの2ファクタ認証」


設定アプリの一覧の一番上にある、プロフィールをタップ。

必ず設定しておくべき「Apple IDの2ファクタ認証」


【パスワードとセキュリティ】をタップします。

必ず設定しておくべき「Apple IDの2ファクタ認証」


【2ファクタ認証を有効にする】をタップ。

必ず設定しておくべき「Apple IDの2ファクタ認証」


必ず設定しておくべき「Apple IDの2ファクタ認証」
【続ける】をタップします。


必ず設定しておくべき「Apple IDの2ファクタ認証」
本人確認に使える電話番号を入力します。携帯電話の番号なら【SMS】も選択できます。


必ず設定しておくべき「Apple IDの2ファクタ認証」
電話番号の入力が完了すると、その番号宛に電話がかかる・SMSが届きます。音声・メッセージで届けられた、確認コードを入力してください。


これで2ファクタ認証の設定は完了です。

電話番号さえ使えれば復旧できる

この手の機能を使う際に心配なのが、iPhoneが壊れた時です。2ファクタ認証は、登録した電話番号さえ利用できれば確認コードが受け取れます。

例えばiPhoneを修理・交換しても、SIMカードを挿入して電話番号が利用できる状態になっていれば、Apple IDでログインする際に必要な確認コードが受け取れます。

ですから、電話番号が変わった際は必ず修正・変更しておきましょう。

電話番号の追加・削除は、設定アプリの2ファクタ認証の設定画面で行えます。

設定アプリのApple IDプロフィール→【パスワードとセキュリティ】を開き、「信頼できる電話番号」の横にある【編集】をタップすると、追加・削除できるようになります。

必ず設定しておくべき「Apple IDの2ファクタ認証」


Apple サポート ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 110.5 MB
・バージョン: 1.2
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
スクエニ新作「ファイナルファンタジー」の育成RPGが登場! 事前登録して白魔道士/黒魔道士のきせかえ衣装や、★4 シヴァを手に入れよう。

ワールド オブ ファイナルファンタジー メリメロ

オススメ