2018年の新iPhoneは全て『iPhone X』風、1機種は安価に?

2018年の新iPhoneは全て『iPhone X』風、1機種は安価に?


正確な予測が比較的多いことで知られるKGI証券のMing-Chi Kuo氏の予測によれば、2018年に発表される新型iPhoneは3機種です。

3機種ともホームボタン廃止・顔認証を採用?

Kuo氏が「2018年に発表される新型iPhone」として予想しているのが、以下の3機種です。

  • 6.5インチ有機EL画面のiPhone(「Plus」サイズのiPhone X)
  • 5.8インチ有機EL画面のiPhone(iPhone X後継機?)
  • 6.1インチ従来型液晶のiPhone(廉価版?)

いずれの新型iPhoneもホームボタンを廃止し、前面のTrueDepthカメラを使った顔認証機能Face IDに対応する、としています。

ピクセル密度は6.5インチで480〜500ppi、5.8インチで458ppi、6.1インチで320〜330ppiと予想。この値が高いほど画面の解像度が高くなり、見たときのドット感も減ります。

このことから、5.8インチiPhoneは『iPhone X』と同じ解像度になる見込みで、6.5インチiPhoneではさらに解像度が向上。一方で6.1インチiPhoneは『iPhone 8』相当のピクセル密度なので、画質にこだわるなら上位機種を選ぶことになりそうです。

6.5インチ・5.8インチiPhoneは有機EL画面ですが、6.1インチiPhoneは従来と同じ液晶画面になるので発色・バッテリーの持ち・本体の厚さが前者に比べて劣る可能性も考えられます。

安価な6.1インチiPhone、価格はいくら?

Kuo氏は、廉価版に当たる6.1インチiPhoneについて、アメリカでの販売価格は649〜749ドルになる、と予想しています。日本円に換算するとおよそ73,700円から85,100円です。

なお、Appleが販売している649ドルの製品は『iPhone 7』の128GBモデルで、日本での価格は72,800円(税別)。749ドルの製品は『Apple Watch Series 3』で、日本価格は79,800円(税別)です。

現在のレートのままで価格が決定されるのであれば、iPhone 8(税別78,800円)相当の価格と考えられます。

6.5インチ・5.8インチiPhoneの予想価格は明かされていません。

5.8インチiPhoneがiPhone X相当だとすれば、価格はほぼ同じ11〜12万円前後になり、6.5インチiPhoneはさらに高価になるものと予想されます。

参考

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 72.2 MB
・バージョン: 4.3.1

最新スマホの購入ガイドはこちら!

申し込みがWebで完結!並ばず購入するならソフトバンクオンラインショップで。
ご購入ガイドはこちら iPhone7 ケース


今すぐ予約できるケース・フィルムはこちら

iphone2017_640x100
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
「PS4」プレゼントキャンペーンが『ゲームコネクト』で開催中。メールアドレスさえあれば、誰でも簡単に応募できますよ。今すぐ申し込みましょう!

「PS4」プレゼントキャンペーン中

オススメ