『iOS 11.2』でもWi-Fiオフボタンは復活せず

『iOS 11.2』でもWi-Fiオン/オフボタンは復活せず


『iOS 11』でコントロールセンターのWi-Fi・Bluetoothボタンの仕様が変わり、機能そのもののオン・オフを切り替えられなくなり、混乱も広がりました。

『iOS 11.2』では多少の改善が図られるようですが、『iOS 10』以前の仕様に戻ることはないようです。

Wi-Fi・Bluetoothボタンに説明を追加

開発者やテスト参加者に公開されたiOS 11.2のベータ第3弾では、Wi-Fiネットワークに接続済の状態でコントロールセンターのWi-Fiボタンをタップすると、説明が表示されます。

日本語版の説明文章は不明ですが、英語版のものを訳すと、明日まで現在接続中のものと近隣のWi-Fiネットワークから切断されること、Wi-Fiは引き続きオンになったままでAirDrop・インターネット共有・位置情報の精度向上に使われることが説明されています。

この説明は、ボタンを初めてタップした際に表示されるものと思われます。

それ以外にも、ボタンをタップして接続を解除した際には、コントロールセンターの上部に「明日まで近くのWi-Fiから切断されます」・「明日までBluetooth機器との接続が切断されます」といった短い説明が表示されるようです。

さらに、Wi-Fi・Bluetoothボタンの色が状態に応じて変化し、接続済みなら青、切断済みなら白になるよう、仕様が変更されました。

いずれにしてもWi-Fi・Bluetooth自体をオフにするには、設定アプリの【Wi-Fi】・【Bluetooth】を開いて、スイッチをタップしてオフにする必要があります。

Wi-Fi・Bluetoothボタンの詳しい動作・仕様については、以下のページをご覧ください。
【iOS11】コントロールセンターでWi-Fi・Bluetoothをオフにできない理由

参考

Apple サポート ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 39.5 MB
・バージョン: 1.2.1

iOS 11関連情報はこちら!

ついに正式リリースされた『iOS 11』。最新の情報はこちらでご覧いただけます。
iOS 11の最新情報

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
「PS4」プレゼントキャンペーンが『ゲームコネクト』で開催中。メールアドレスさえあれば、誰でも簡単に応募できますよ。今すぐ申し込みましょう!

「PS4」プレゼントキャンペーン中

オススメ