2018年発表の新iPhone、バッテリーを10%増量か

2018年発表の新iPhone、バッテリーが10%増量か


「3種類のiPhoneが2018年発表」と噂されていますが、そのバッテリー容量についての情報が報じられています。

10%増で何が変わる?

正確な予測が比較的多いことで知られるKGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、それぞれのバッテリー容量は以下の通りです。

  • 6.5インチ有機EL搭載のiPhone:3,300〜3,400mAh(2セル・L字型)
  • 5.8インチ有機EL搭載のiPhone:2,716mAhか2,900〜3,000mAh(1〜2セル・L字型)
  • 6.1インチ液晶搭載のiPhone:2,850〜2,950mAh

5.8インチiPhoneは『iPhone X』の後継機で、サイズは同じと考えられています。6.5インチiPhoneは「iPhone X Plus」のような位置付けで、6.1インチiPhoneは廉価版と噂されています。
2018年に発売予定のApple製品まとめ

iPhone Xのバッテリー容量は2,716mAhなので、3,000mAhになれば約10%増です。Kuo氏の予測通りなら、6.5インチ・6.1インチiPhoneも『iPhone 8』の1,821mAh、『iPhone 8 Plus』の2,691mAhより多くなります。

バッテリー増量の理由として挙げられているのは、顔認証機能のFace IDで使うTrueDepthカメラです。消費電力が多いとされています。

さらに6.5インチ・6.1インチiPhoneはいずれもiPhone X風デザインで、前面のほとんどが画面になり、iPhone X/8よりも画面サイズが大きいので消費電力が増えるためにバッテリーを大容量化していると考えられます。

TrueDepthカメラの大幅な性能向上はない、とする予測が正しければ、5.8インチiPhoneとiPhone XのTrueDepthカメラは消費電力がほぼ同じはず。バッテリーを10%増量したのは、稼働時間をiPhone Xより長くするためか、処理を担う「A12」チップの消費電力が多いためかもしれません。

6.1インチiPhoneは、消費電力が有機ELより多い従来型の液晶を搭載するので、バッテリー容量が大きくても、稼働時間はiPhone 8並になる可能性も考えられます。

参考

2018 iPhone X Successor Could Feature Up to 10% More Powerful Battery With New 1-Cell Design – Mac Rumors

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 73.8 MB
・バージョン: 4.4
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ