【先行レビュー】『D×2 真・女神転生リベレーション』でメガテン好きなら是非とも押さえておきたいポイント

megaten1116 - 1


フリーライターの塩田信之です。メガテン(『真・女神転生』シリーズ)がお好きな方でしたら、もしかしたら私をご存知な方もいらっしゃるかもしれませんが、そうでない方もメガテンがお好きでしたら以後お見知りおきいただければ幸いです。

9月に東京ゲームショウでの試遊レポートをさせていただいて、AppBankでは2度目の登場となります。今回は『D×2 真・女神転生リベレーション』(以下『D×2(ディーツー)』)を、一足早くベータ版の段階でプレイする機会をいただきましたので、その経験に基づいたプレイ感覚をお伝えしたいと思います。

私自身、メガテンシリーズとはその誕生時からお付き合いがありますから、ここは「メガテン好き」ならではの視点での解説を心掛けていくことにします。

既存シリーズ作に登場する言葉なども使用しますが、シリーズファンの方にはよりイメージが伝わりやすくなるはずです。シリーズ未プレイの方にも理解できるようにしたいと思いますが、わからないところは飛ばしていただいても大丈夫です。

なお、この記事の記述内容はあくまでも「ベータ版」を元にしています。正式リリース時に変更される可能性もあることをご了承いただけますようお願いいたします。

会話で敵悪魔を仲魔に、それが基本

まず最初に言っておきたいことは、このゲームが「やり込み」タイプであることです。スマホ向けゲームだから当然と言うこともできますが、それを前提としても一般的なスマホ向けゲームと比べて他にはちょっとないくらいやり込み要素が数多く詰まっています。

基本的には家庭用および携帯ゲーム機でリリースされてきたメガテンシリーズ同様のゲームスタイルですが、スマホ版ならではの要素がいくつも加わっているのです。

ゲームの目的として、東京を舞台に悪魔を使って世界を混沌とした状況に陥れようとする組織「アコライツ」と、それを阻止するために主人公が属する「リベレイターズ」が戦っていくメインストーリーを進めることはもちろんですが、そのストーリーを進めていく上でも最低でも4体の強力な悪魔たちを育て上げる必要があります。

悪魔の入手方法はいくつかありますが、基本的には「悪魔との戦闘の最中に会話(TALK)で仲間に引き入れる」ことが主体となります。なお、メガテン好きの方には説明するまでもありませんが、「仲間にした悪魔」のことをメガテンシリーズでは「仲魔」と呼びます。

ph01


会話で悪魔を仲魔にすることは、これまでのメガテンでもさんざんやってきたはずですから、メガテン好きなら何も戸惑うことはないでしょう。会話の流れもおなじみの「悪魔の質問にいくつかの選択肢で答える」形式で、こちらが相手より強ければ仲魔になりやすくなりますし、選択内容で相手の機嫌をよくしたり、相手の要求物を与えたりすることが有効なのも同様です。

悪魔は気まぐれなので、要求に応えたからといって必ず仲魔になってくれるわけではないというのも一緒です。

ph02
ph02b


これまでのメガテンと異なる点は、まず「自由に会話を始められない」ということです。これはメガテン好きがこのゲームでもっとももどかしく感じられる違いでしょう。

敵悪魔との戦闘中、こちらのターンになった時、頭上に「TALK」という吹き出し状の文字が表示された相手にのみ会話を仕掛けることが可能です。特定の悪魔を探していて、出現したとしても「TALK」が表示されなければ仲魔にすることはできません。

ph03


また、『D×2』では同じ悪魔を複数仲魔にできるようになっています。そして、初期段階でも50体まで仲魔にすることができます。これらは『D×2』で仲魔を鍛えていく上で重要なファクターなので、これまでのメガテンと違っていてもすぐに慣れます。50体まで仲魔をストックできることについては、ストック数が足りなくて仲魔のやりくりに苦労したことがある方なら大歓迎なハズです。

あと違いとしてはもうひとつ、相手と同じ悪魔が仲魔にいても、会話は通常通りに行われます。「兄弟によろしく」とか言って立ち去ってくれたりはしません。

ph04
ph04b


なお、一般的なスマホ向けゲームの「ガチャ」と同様のシステムとして「召喚所」があります。通貨アイテム「ジェム」や「召喚札」を消費する、あるいは例えば「ジャックフロストの断片」というアイテムを10個集めるとその悪魔と交換できるようになっています。

「ジェム」は購入可能ですが、ゲーム中にも手に入れることができます。召喚ではまれに特殊なスキルを持った悪魔が出るという点が魅力ですが、とりあえずベータ版では消費アイテムの入手率が低く、「ガチャ頼み」より「会話」が仲魔集めの主体になるように思えました。

ph05
ph05b


さて、仲魔を集めたらそれらを「合体」させることで鍛えていくことになります。「会話→合体」を繰り返すこともこれまでのメガテンでおなじみのプレイスタイルですが、合体のシステムはシリーズを踏襲しつつ、悪魔の成長要素ごとにさまざまな合体が用意されています。

TALKのポイント

・TALKが出たらすかさず押す(倒さなくてもEXPは同じ)
・仲魔集めの際は格下マップで(拒否続けても仲魔に!)
・「MAG」や「体力ほとんど」のの要求は断ったほうが無難

ph06


これまでと同様の「合体」を行う「偽神教会」

これまでのいわゆる「合体」は、「異なる仲魔同士を合体させ、別の悪魔に変える」ものです。合体させたからといって、必ずしも「より強い悪魔」になるわけではありません。持っているストック悪魔から、「より強い悪魔」になる組み合わせを見つける、あるいはストック悪魔と合体させると「より強い悪魔」ができる素材悪魔を捜しに行く。これが強い悪魔を作る基本でした。

ph07


そんなこれまで同様の「合体」は、アジトから行ける「偽神教会」という施設で行うことができます。シリーズでおなじみの「邪教の館」同様の施設ですね。ここでは2体の悪魔を合体させる「二身合体」と、3体以上の悪魔を合体させる「多身合体」があります。

「二身合体」ではストック悪魔を1体ずつ指定することで合体結果を確認できる「素材から」モードと、組み合わせ次第でできる合体結果を指定すると必要な悪魔が確認できるいわゆる「結果から」モードを選ぶことができます。

ph08


昔は欲しい悪魔を作ろうと思ったら「合体表」で悪魔の種族とそれぞれのレベルを公式に当てはめて計算して導き出す必要がありましたが、今回「結果から」モードとして搭載されているいわゆる「逆引き」システムが近年のシリーズ作に搭載されるようになって大幅にその手間が軽減されました。

「逆引き」システムはメガテン派生シリーズ『女神異聞録デビルサバイバー』で実装された時に、「これは本家にもぜひ欲しい」と思ったものですが、今回『D×2』にも実装されたのは実にありがたいですね。ちなみに『D×2』には「合体表」を表示する機能も用意されていて。種族の組み合わせがどの種族になるかが確認できます。

ph09


「多身合体」は偽神教会の施設自体をアップグレードすることで選べるようになります。その内容は、これまで「特殊合体」とされていたものに近く、「必要な素材悪魔と合体結果の組み合わせ(レシピ)」が決まっているものです。ベータ版では6つのレシピが確認できましたが、上位の悪魔ができるレシピは、さらに偽神教会のアップグレードすることで開放される仕組みになっていました。レシピ自体が増えるのかについては確認できませんでした。

なお、施設のアップグレードには合体料金といえるマグネタイトの消費量が少なくなる効果もあります。

ph10


合体結果の悪魔はレベル1の状態ですが、悪魔にはそれぞれ「グレード」が設定されているため、必要なプレイヤーレベルに達していなければ合体を実行できないようになっています。この制限はプレイヤーレベルに見合った悪魔しか作れないという意味で従来通りと納得できるのですが、もうひとつよく引っかかる制限が合体の対価として支払う「マグネタイト」です。

かつてはストックの悪魔をパーティに召喚したり、3Dダンジョンを歩くたびにパーティにいる悪魔分消費した「マグネタイト」ですが、今回は合体費用として支払う形になっています。

ph11


このマグネタイトですが、ベータ版ではなかなか貯まらない印象です。戦闘ではたまに一桁得られるくらいで、最低グレードの悪魔を合体で作るにも十数回は戦闘を繰り返さないとなりません。

ちょっとグレードが高くなると必要な合体対価としてのマグネタイトが三桁に跳ね上がりますから、これまでのメガテンのように、気軽に合体を繰り返して強い悪魔にしていくのはベータ版のバランスではかなり厳しいと思われます。

ログインボーナスや特定の条件をクリアした際のミッション報酬、そして後程開設する「アウラゲート」と呼ばれるダンジョンの探索等獲得手段はいくつかありますが、マグネタイトの入手手段はかなり限られていそうです。

従来のメガテンのプレイ感覚と大きく異なる部分なので、正式リリース版ではもう少し気軽に悪魔合体が楽しめるようなバランスを希望します。

ph12


ところで、合体時に限らない要素ですが『D×2』では悪魔それぞれにつく一種の属性として、「アーキタイプ」という新しい概念が追加されています。同じ悪魔にも「素体」、「荒神」、「加護」、「異能」、「防魔」というアーキタイプがあって、それぞれ必要なアイテムを集めて「覚醒」させた時に覚えることができるスキルが異なっています。

メガテンの「合体」といえば忘れるわけにはいかないのが「スキル継承」ですが、偽神教会で行う合体でのスキル継承はこの「アーキタイプ」に依存する形になっていて、「合体」で継承できるスキルはこのアーキタイプごとに設定された覚醒スキルのみとなっています。それ以外のスキル継承は「別の合体」で付加することになります。

合体のポイント

・まずはMAGを貯める→稼ぐなら「アウラゲート」へ
・MAG無駄遣いを防ぐため、無駄な合体はしない
 (悪魔の弱点はなるべく戦闘中や仲魔にして確認しよう)
・50体もすぐ埋まるので、ストック数は早めに増やそう

ph13
ph13b


合体の要素を目的別に細分化した「万魔の社」

『D×2』の合体要素は、大きくふたつにその目的を分けることができます。ひとつは、前述した偽神教会での「異なる仲魔同士を合体させ、別の悪魔に変える」もの、もうひとつは「同じ悪魔のまま強化する」合体です。それは、やはりアジトから行くことができるもうひとつの合体施設、「万魔の社」で行うことができます。

ph14


これまでのメガテンと比較する上で偽神教会のほうから紹介する形になりましたが、実際にゲームを遊んでいく上では「万魔の社」の方をより頻繁に利用することになるはずです。それはなぜかといえば、万魔の社では悪魔を強化するさまざまなメニューが用意されている上、マグネタイトより貯まりやすい「マッカ」で実行できる手軽さにあります。

「継承」

「スキル継承」や持っているスキルのレベルアップも、万魔の社で行うことになります。鍛えたい悪魔に「新たにスキルを覚えさせる」際はスキルの空きスロットで「継承」を指定、「持ってるスキルをレベルアップさせる」際は対象のスキルで「レベルアップ」を指定します。すると継承可能なスキルやそれを持つ悪魔がリストアップされ、素材悪魔を決めるとその悪魔を失う代わりに継承あるいはレベルアップができるというわけです。

継承可能なスキルの種類に制限はありますが、目的のスキルを確実に選べるという点で継承そのものがコントロールしやすい形になっています。

ph15


ただし、スキルそれぞれをレベルアップできるため、強くしようと思えば何度も繰り返す必要があるのが大変なところです。また、このとき必要となる代償は「継承」と「レベルアップ」にのみ使用できる「継承ポイント」で、同じ悪魔同士を「ポイント合体」させるか、「ヤサカノマガタマ」というレアアイテムを消費して得ることができます。

継承あるいはレベルアップで消費する「継承ポイント」は対象スキルによって異なり、強力なスキルはそれだけポイントを消費することになります。強力なスキルを覚えさせ、そのレベルアップもしようと思ったら、同じ悪魔をいくつもストックし、何度も「ポイント合体」も繰り返し行う必要があるわけです。

高グレードの悪魔の場合、同じ悪魔をたくさん揃えるのは大変なので、「ヤサカノマガタマ」をたくさん入手していく必要があるでしょう。

ph15b


「転生」

「継承」に次いで利用頻度が高いと思われるのが、戦闘でレベルアップしていった悪魔が上限レベルに達した際に利用する「転生」です。スマホ向けゲームではよく「上限解放」と呼ぶ強化システムと同様のものです。悪魔にはそれぞれレアリティが★の数で設定されており、「転生」すると★がひとつ増え基礎的な能力が上昇した状態でレベルが1に戻ります。

「転生」を行うためにはその悪魔を上限レベルまで成長させた上で、同じレアリティの悪魔を「生贄」として選び、「マッカ」を転生費用として支払うことになります。お気に入りの悪魔を強くするためには欠かせない要素です。「転生」はどの悪魔でも★6になるまで繰り返すことが出来ますが、低レアリティのものを転生させて★6になるまでの道程はかなり長くなりそうです。

「覚醒」

ph16


悪魔にはそれぞれ、「覚醒」させると使えるようになるスキルがあります。同じ悪魔でも「アーキタイプ」によって異なるそのスキルを使うためには、ストーリーを進める際とは異なる「デビルバスター」で戦闘し「霊子」というアイテムを集めなければなりません。

「デビルバスター」といえば昔からのファンには懐かしい名前ですが、『D×2』では目的とするアイテム別に用意されたバトルクエスト集になっており、霊子を集めたいときは「デビルバスター」内の「ストレンジ・シグナル」を選択します。

ph17


「霊子」にはロウ、カオス、ライト、ダーク、ニュートラルの5種それぞれにS、M、Lのサイズ違いも加わり計15種類あります。覚醒させるには「ロウのSが20個」とか「ロウとカオスのSが5個ずつと、ニュートラルのSとMが10個ずつ」といった量が必要となります。しかも日によって得られる霊子が異なり、一回のバトルで得られる霊子の数も少ないため、悪魔一体を覚醒させるためにはけっこうな回数を戦う必要があります。

悪魔を覚醒させると能力も底上げされるため苦労の甲斐はあるのですが、覚醒させる悪魔は厳選したほうがいいでしょう。なお、「覚醒」を実行する上では必要分の霊子以外は消費しません。

ph17b


「捕食」

不要な悪魔がいれば、それを成長させたい悪魔に「捕食」させてレベルアップさせることができます。もっとも不要とは言っても、次の「悪魔売却」もあれば、「合体」材料に回すこともできますから、実行する機会は少ないかもしれません。

「悪魔売却」

不要な悪魔は、「売却」することで「マッカ」や「カルマ」に替えることもできます。ここで初めて登場した「カルマ」の使用方法に関しては現在不明です。

「烙印」

『D×2』では悪魔も装備品で強化することができます。「頭」、「右腕」、「左腕」、「胴」、「足」の五か所に装備可能で、装備品「烙印」は主に「デビルバスター」内の「罪の烙印」のバトルで獲得できます。装備品ひとつひとつにレアリティがあって、装備時の効果も異なるわけですが、それぞれマッカを支払うことでレベルアップさせることも可能です。

「烙印」は比較的手に入りやすく、装備する際に費用は発生しない上、マッカのみで何度も重ねて強化できるため、悪魔を手軽に強化する手段として重宝します。セットした烙印を外す場合にはマッカを支払う必要があります。

ph18


万魔の社のポイント

・育てる仲魔を決めてじっくり育成(できる限り弱点がなく、同じ悪魔を仲魔にしやすいもの)
・育てる仲魔を決めたら、まず手持ちの烙印を装備して強化
・同じ悪魔を集めて継承ポイントにし、どんどん継承とスキルLvアップ(攻撃できる属性をなるべく増やそう)
・最大レベルまで育ったら忘れずに転生

ph19


序盤の仲魔育成についてのまとめ

これだけたくさんの合体要素を、いかに活用していくかが『D×2』を愉しむ最大のポイントと言っていいでしょう。

育成サイクル

人によって育成スタイルは異なってきますが、基本的なスタイルとしては……

仲魔4体のパーティで、それぞれを万魔の社で強化
  ↓               ↑
  ↓(育てても力不足になったら) ↑
  ↓               ↑
偽神神殿の合体で、新たに育成悪魔を作って現パーティと入れ替え

基本的には、このようなサイクルでパーティを強くしていくスタイルが一般的かと思います。

育てる仲魔を選ぶ基準は、「好きな悪魔」と言いたいところですが、なかなかそういうわけにも行きません。

戦闘システム的に、「弱点」はあればあるほどパーティ全滅の可能性が高くなってしまうため、特に序盤は「弱点がまったくない」あるいは「あってもひとつだけ」の仲魔を選択したいところです。

ph20
ph20b


また育てる効率を考えるなら、たくさん必要になる継承ポイントを得やすくする意味で、戦闘によく登場する、TALKで仲魔にできる可能性の高いもののほうが都合がいいのは明らかです。

特に序盤は敵もすぐに強くなってしまうので、継承可能な各スキルのレベルアップや、必要なアイテム数の多い「覚醒」まで育成を続けると、かえって戦闘が大変になってしまうこともあるので、早めに見切りをつけて合体で新たな育成悪魔を作ったほうがいいかもしれません。

ph21


育てる悪魔を切り替えるタイミングは、「敵が先制攻撃をしてくるようになったら」というのがひとつの目安となります。『D×2』が採用している『真・女神転生III-NOCTURNE』以降、進化を続けながら定番の戦闘システムとして定着してきた感がある「プレスターンバトル」は、「敵の弱点を攻撃していくことで、できるかぎり敵に攻撃をさせない」ことができるものです。

先制攻撃されるかどうかはパーティにいる仲魔のスピードによって決まりますが、そもそも相手に攻撃の機会を与えない戦い方を真骨頂とするなら、先制攻撃されてしまう状況は望ましくありません。先制攻撃をされない程度までパーティを強化してこそ「プレスターンバトル」らしい戦い方ができるのですから。

ph22


万魔の社ではさまざまな強化手段があるため、弱い悪魔でもけっこう長い間一緒に戦い続けられるだけの強さを持たせることができます。そうするためには転生や継承を繰り返す必要がありますが、お気に入りの悪魔を育てる楽しさは十分にあると言えます。

本家『真・女神転生』シリーズで合体を繰り返していく楽しさとは少し違うかもしれませんが、やはりメガテンは『合体ゲー』で、『D×2』もその1本なのだと納得できるはずです。

『D×2』の描くストーリー

ここまで、『D×2』について『メガテン』としての特に濃厚な部分に注目して見てきましたが、もちろん他にも語るべきところがたくさんあります。戦闘システムや東京を舞台とするマップ構造については、これまでにもさまざまなメディアで紹介されていますし、メガテンファンにとって馴染み深い部分なので今回は特に詳しい解説は行っていません。

それよりもメガテン好きとして気になるのは、やはり『シナリオ』部分でしょう。東京を舞台に、日常から始まりやがては東京が崩壊してしまったり、世界の創造主すら敵として戦ったりする壮大なストーリーは、メガテンをメガテンたらしめている要素です。『D×2』でもそういったストーリーが楽しめるのか、そこについてはベータ版の段階ではっきりとはわかりません。

ph24


物語の主軸は、世界に混沌をもたらそうとしているカオス勢力と見られるアコライツと、秩序の崩壊を止めようとするという意味でロウ勢力と考えられるリベレイターズの対立に置かれています。

実のところメガテンでは単純な善悪の対立という構図を取ることは少ないのですが、ロウルートとカオスルート、そしてニュートラルルートに分岐するマルチシナリオ形式はシリーズ伝統的なスタイルであり、『D×2』にもそのような展開が待ち受けているのかもしれません。

ゲーム中何度も発生する、主人公の立場での選択肢にはロウあるいはカオスへの指向や、目に見えないロウ・カオスの属性値変動らしきものも窺えます。

ph25


ベータ版では、東京の各地で進行しつつあるアコライツの行動を阻止する流れを見ることができましたが、まだまだ導入部的な雰囲気です。本作で「東京が崩壊する」事態となるのか大いに気になるところです。

その上で東京のマップが崩壊後に変わるのか、その先のシナリオがどうなっていくのか、それらは正式に配信された後に実際に遊んで体験する以外なさそうです。

スマホ向けゲームというメディアとしての性質上、世界ががらっと変わってしまうようなマップの変化や、ルートの分岐やマルチエンディングを実施することは難しいのではないだろうかと思いつつ、この新しい『メガテン』が見せてくれるストーリーを私自身も実際に遊んで体験したいと思います。

ph27
ph27b


※画面写真は開発中のものを使用しているため、正式公開版とは異なる場合があります。

ライタープロフィール
塩田信之(しおだのぶゆき)

かつて編集プロダクションCB’s Projectに所属し、スーパーファミコン版『真・女神転生』発売当時から宝島社(当時はJICC出版局)やファミ通、ソフトバンク等のメガテン関連書籍制作に携わる。フリーランスとなって以降も、『真・女神転生IV FINAL 公式設定資料集+神話世界への旅』(一迅社)等関連書籍を制作し、アトラスの『真・女神転生IV FINAL』、『真・女神転生DEEP STRANGE JOURNEY』公式サイトで神話と歴史のコラムを執筆するほか、『真・女神転生DEEP STRANGE JOURNEY 真・女神転生25周年記念スペシャルボックス』同梱の記念教典『メガテンマニアクス』編集執筆も担当。

関連サイト

『D×2 真・女神転生リベレーション』公式サイト
『D×2 真・女神転生リベレーション』事前登録サイト
『D×2 真・女神転生リベレーション』公式Twitter

D×2 真・女神転生リベレーションINFO ・販売元: SEGA CORPORATION
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 15.8 MB
・バージョン: 1.0.0

©SEGA/©ATLUS

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!