iPhone XのFace IDがファミリー共有で使えず、その理由は?

iPhone XのFace IDがファミリー共有で使えず、その理由は?


Appleは、子どもが購入したいアプリや曲などを保護者にリクエストし、保護者が承認すると購入できる機能を「ファミリー共有」に用意しています。

『iPhone X』の顔認証機能Face IDで、このファミリー共有を使った承認が行えないことが海外で注目されています。

Face IDはTouch IDの全機能を担うはずが・・・

Appleのサポートコミュニティにユーザーが投稿した内容によると、iPadではTouch IDを使った承認ができるものの、iPhone XではFace IDで承認できません。

Appleの発表によれば、Face IDはTouch IDと同等の機能を持っているはず。Touch IDを使った認証機能を持つアプリは、アップデート不要でFace IDにも対応します。

なぜファミリー共有の承認に使えないのかは不明ですが、親の顔がFace IDに登録されたiPhone Xを子どもがロック解除できる問題も報告されていることから、Appleは承認機能においてFace IDの使用を制限しているのかもしれません。

もしこの制限がAppleによる意図的な対策の一環だとしても、効果的かは不明です。

ウェブサイト『Ars Technica』が指摘するように、ファミリー共有では親のiPhone Xで購入したものも共有できるため、Face IDで親のiPhone Xのロックを解除してApp Storeの購入手続きを行えば、承認は必要ありません。

現時点でAppleは、これが不具合によるものなのか、それともFace IDの不正使用を防ぐ対策なのかを公表していません。

参考

Apple サポート ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 43.9 MB
・バージョン: 2.0.1
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ