【アプリ開発者向け】maioがironSourceと連携!イベントレポート

0


12月12日(火)に開催されたアイモバイルとironSourceの合同開催パーティーに参加してきました!

パーティーでは、アイモバイルの早瀬優希氏、ironSourceの峯秀一郎氏が登壇し、両社の連携についての発表や、リワード広告の実装例など、アプリ開発者にとって耳寄りな情報が語られました。

maioとは?

1



maioは国産のスマートフォンアプリに特化した視聴完了型フルスクリーン動画アドネットワークです。
ユーザーが任意に動画の視聴が選択できると共に、ユーザーは動画視聴完了後にインセンティブを貰うことができます。
また、動画インタースティシャルとしても非常に高い収益性(eCPM)が出ています。

ironSourceとは?

2


動画広告やバナー、インタースティシャル広告など様々な広告に1SDKで対応している世界最大級のアドネットワークです。

ユーザーの分析やABテストなどに豊富な機能はもちろん、複数のアドネットワークのレポートを一つの管理画面に集約し、管理、運用最適化が可能とのこと。

連携してなにが変わったの?

3


国産のアドネットワークを配信しているmaio単体では、今までグローバルの在庫に対して最適化ができてなかったそうです。

そのため、海外のマネタイズの幅が広げられずにいました。

4


しかし今回ironSourceと連携することにより、ironSource経由で多くのグローバルアドネットワークの配信が可能になりました。

また、ironSourceは運用マージンを取らないのも重要なポイントです。

5


今回の連携で、よりグローバル展開がしやすくなったmaio。今後の活躍に期待大ですね!

リワード広告の実装例

その後、両社による「理想的なリワードの実装例」が紹介されました。

6


一つ目は早送りをする代わりに動画広告を見てもらうもの。

二つ目は時間内まで収益が何倍かアップする代わりに動画広告を見てもらうもの。

三つ目はアプリを復帰したときにその復帰するまでの収益を何倍かアップする代わりに動画広告をみてもらうもの。

他にも、ディスプレイ広告についても説明があり、なんと50%のユーザーは非課金であり、リワード型広告もアクションを起こすことはないとのこと。

7


リワード型広告だけでなく、ディスプレイ広告やネイティブ広告なども収益化のためには大事だということが分かりますね。

この他にも様々な実装方法などのお話があり、参加された方々は興味深々といった感じで耳を傾けていました。

動画の広告の導入例につきましてはこちらのレポート記事もありますので、興味がある方は要チェックです!
【アプリ開発者向け】ゲームアプリ広告の今と昔を語る

動画広告はグローバルに拡大中!

今回の話題であった動画広告は、今後も注目度が上がっていく広告フォーマットです。

もちろん、AppBankでも動画広告を提供中ですよ!!

AppBank Networkについて

Appbank Network _v


AppBank Networkは、AppBankが運営するアドネットワークです。バナー広告、インタースティシャル広告、ネイティブ広告を提供しています。

AppBank Networkの広告を表示して頂くことで、安定した収益を得られます。AppBank Networkは、iOS・Androidアプリへの広告配信に対応しています。

AppBank Networkの特徴詳細は以下よりどうぞ。
AppBank Networkサービスサイト

AppBank Video Networkについて

AppBank Video Network


AppBank Video Networkは、スマートフォンアプリを利用中のユーザーに対して、動画広告を配信するアドネットワークです。
『AppBank Video Network』をご利用いただくことで、アプリ内に動画広告を掲載することができ、ユーザーがアプリを終了する際にその動画広告を表示することで、ユーザーのアクティブ率や継続率を向上することが可能となります。

AppBank Video Networkの特徴詳細は以下よりどうぞ。
AppBank Video Networkサービスサイト

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ