子どものスマホ中毒対策でiOSに新機能を追加へ

子どものスマホ中毒対策でiOSに新機能を追加へ


子どものスマートフォン中毒対策を求める公開書簡を受け、Appleが声明を発表しました。

保護者による管理機能を強化へ

Appleは声明の中で、保護者は子どもがiPhone・iPadを使ってインターネットにアクセスすることを止められるとしつつ、管理機能の強化を検討していることも明らかにしました。

ただし、どんな機能をいつ追加する予定なのかは不明です。

公開書簡では対策として、1日に利用できる時間を制限・利用できる時間帯を設定・保護者によるチェック機能を強化、などが挙げられています。

現在利用できる管理機能

現在のiOSには保護者による管理機能として「機能制限」・「アクセスガイド」、iCloudのファミリー共有と「友達を探す」が用意されています。

機能制限では、iOSの一部機能の利用制限・アプリのインストール禁止・年齢に基づくコンテンツの再生制限・ウェブサイトの閲覧制限などが可能です。

アクセスガイドはiPhoneを子どもに貸す際に有効です。使えるアプリを1つだけに制限して、ボタン操作・タッチ操作などを無効にしたり、利用時間を制限したりできます。

機能制限は設定アプリの【一般】、アクセスガイドは【一般】→【アクセシビリティ】で設定できます。

iCloudのファミリー共有は、保護者が購入したコンテンツを子どもに共有できるだけでなく、子どもが購入したいアプリ・コンテンツを申請すると保護者がそれを許可・拒否できる承認機能も用意されています。

「友達を探す」を設定すれば、家族の位置情報をお互いに共有できます。

ちなみに、macOSには保護者向けの機能としてペアレンタルコントロールが用意されており、利用時間帯の制限・アプリやウェブサイトの履歴確認と制限が可能です。こうした機能がiOSにも盛り込まれるのかもしれません。

こうした機能が追加されるとすれば、『iOS 11』での追加はなく、今年6月に発表と見込まれる「iOS 12」や、それ以降のiOSで追加される可能性が考えられます。

参考

Apple サポート ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 43.9 MB
・バージョン: 2.0.1
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ