Wi-Fiセキュリティの新規格『WPA3』、iPhoneに影響は?

Wi-Fiセキュリティの新規格『WPA3』、iPhoneに影響は?


Wi-Fi規格の策定・Wi-Fi機器の認証などを行うWi-Fi Allianceが、Wi-Fiのセキュリティに関する新たな規格として『WPA3』を発表しました。

WPA3の新機能

以下が新たに追加される機能とされています。

  1. Wi-Fiのパスワードが脆弱であっても強固なセキュリティを確保
  2. 画面を持たない・表示できる情報に制限がある機器でも設定が簡単に
  3. 機器がやりとりするデータを個別に暗号化

(1)の具体的な機能として、パスワードを総当たりで試す辞書攻撃対策の強化が挙げられています。パスワード認証に一定回数失敗すると、アクセスを遮断するそうです。

(3)については、念頭にあるのは公衆無線LANとしての利用です。現在の方式では、同じWi-Fiに接続する機器がやりとりする、暗号化されていないデータは盗み見されたり、改ざんされたりする恐れがあります。

WPA3では、機器がやりとりするデータを個別に暗号化することで、同じWi-Fiに接続していてもデータを盗み見することが困難になります。

さらに、2017年に話題となった「KRACK」問題で弱点とされた部分も新方式に切り替えられ、攻撃への耐性が強化されます。

利用にはWPA3対応機器が必要

WPA3の詳細はまだ発表されていませんが、Wi-Fiルーターと接続する機器(例:iPhone)の両方がWPA3に対応する必要がおそらくあります。

Wi-Fi AllianceにはAppleもスポンサーとして参加しているので、AppleはWPA3に対応した機器をいずれ発売するものとみられます。

今あるiPhone・iPadはどうなる?

一方で、これまでに販売されたiPhoneやiPadがWPA3に対応するのかは不明です。

もしWPA3に対応した部品が必要でなければ、iOSのアップデートで対応するものと考えられますが、古い機種は対象外になる可能性もあります。

WPA3対応の機器がいつ発売されるのか、そしてWPA3がどれくらい早くに普及するのかは分からないので、今すぐ対処が必要なものではありません。

しかし、現在普及しているWPA2を置き換えるものになるのは間違いないでしょう。今日ではWi-Fiは必要不可欠なものになっているので、その動向に注目です。

参考

AirMacユーティリティ ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 14.2 MB
・バージョン: 1.3.4
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ