2019年の新iPhoneは「出っ張り」を小型化?

2019年の新iPhoneは「出っ張り」を小型化?


2019年の新型iPhone・iPadでは、画面上部にある出っ張りが小さくなっているかもしれません。

2019年モデルからFace IDを強化

Appleは2019年に新しいFace IDを搭載した製品の発表を予定しており、Face IDの部品を製造するLG Innotek社もそのための製造ラインを準備している、とウェブサイト『Etnews』が業界関係者の話を元に報じています。

Face IDは『iPhone X』で初登場した機能で、3Dセンサーを使って顔認証を行います。

AppleはFace ID搭載製品を増やす見込みで、iPhone SE 2を除く、2018年発表のiPhone・iPad ProはFace IDを搭載すると噂されています。

2019年から採用が始まる、新しいFace IDの詳細は不明ですが、AppleはFace IDとTrueDepthカメラを構成する部品を統合することを目指しているようです。

このことから、あの出っ張りが小さくなるのではないか、とする見方もあります。

ただし詳細が分かっていないうえに、発表は1年以上先なので、たとえ現時点で噂が正しかったとしても、途中で計画・仕様が変更されるかもしれません。

参考

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 73.8 MB
・バージョン: 4.4
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ