iPhoneをフリーズさせるリンクが見つかる、対策は?

iPhoneをフリーズさせるリンクが見つかる、対策は?


特定のURLを開いたり、メッセージアプリで送ったりするとiPhone・iPadをフリーズ・クラッシュさせるとして、「chaiOS」バグが海外で注目を集めています。

chaiOSバグに遭遇すると・・・

ウェブサイト『9to5Mac』によると、メッセージアプリで特定のURLを受信するとアプリがクラッシュし、会話スレッドを再び開こうとしてもクラッシュします。

ウェブページに問題があり、それをプレビューする機能がメッセージアプリにあるためにクラッシュするようだとウェブサイト『Mac Rumors』は推測しています。

問題のURLを受け取った時点でiPhoneがフリーズし、強制的に再起動される可能性もあるようです。

Safariで問題のURLを開くと、Safariがフリーズ・クラッシュすることも確認されています。

この不具合は『iOS 11.2.2』のほか、開発者やテスト参加者に公開されているベータ版『iOS 11.2.5』でも発生します。

chaiOSバグの対処法・対策

メッセージアプリでchaiOSバグに遭遇した場合、URLが送られてきたスレッドを削除します。削除するにはスレッドを左にスワイプし、【削除】をタップしましょう。

SafariでchaiOSバグに遭遇した場合、以下の方法で問題のURLを開いてしまったタブを閉じることができます。

  1. 設定アプリの【Safari】を開く
  2. 【履歴とWebサイトデータを消去】をタップ
  3. Safariを開く

対策としてMac Rumorsが挙げているのは、問題のURLをブロックする方法です。

設定アプリの【一般】→【機能制限】→【Webサイト】を開き、【アダルトコンテンツを制限】を選択。さらに「常に禁止」の【Webサイトを追加】をタップし、「github.io」と入力して追加します。

すると、URLのドメインが「github.io」と一致するウェブページは開けなくなります。問題のURLはドメインが「github.io」です。

このURLブロックの詳細は以下のページをご覧ください。
Safariで開けるウェブサイトを制限する方法

執筆時点でiPhoneがフリーズ・クラッシュする以外に問題が起きることは確認されていませんが、ほかにどのような影響があるのかは不明です。本記事で問題のURLは公開しませんが、安易に開いたり他人に送ったりすることはやめましょう。

Appleがこの問題を認識しているのか、修正がいつになるのかは分かっていません。

参考

Apple サポート ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 43.9 MB
・バージョン: 2.0.1
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ