【パズドラ】新スペダンボス「ヴァンド」登場か? ガディウス・サリアの新ストーリー公開!

story


ガディウスやティフォンを始めとした「龍契士勢力」と、イルムやズオーの「幻魔勢力」との戦いを描いた公式ストーリー。
そんな公式ストーリーが新たに更新されました! 今回はガディウス、サリアのお話。

この記事では、新たに公開された公式ストーリーをご紹介します。
近々、「6号」に関連したスペシャルダンジョンが登場するのかも・・・?

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


サリア・ガディウスの逃亡劇

ストーリーの前半では、6号と戦うサリアをガディウスが救出。そして、その場を去る様子が描かれています。

天城で襲い掛かってきた6号からサリアを助けたガディウスは、そのまま敵の猛攻に応戦しながら背後で戸惑いの表情を見せるサリアへ声をかける。
「アンタが橙龍契士だな。ガイノウトのオッサンが心配してるぜ、さっさと帰ってやれよ」
「……貴方、頑龍王に言われてきたの? 助けてくれた事にはお礼を言うけど、私にはまだやらなくちゃいけない事があるの。だから帰らないわ」
「はぁ!? 冗談じゃねぇ、オレはアンタを連れ戻すって約束してるんだよ!」
「知らないわよそんなの……っ!?」
お互い譲らないまま会話がヒートアップする二人に、6号の龍腕が振り下ろされる。
咄嗟にガディウスがサリアを押し退け、その一撃を正面から受けた。
「……痛ってぇなこのチビ!」
サリアとの言い合いから、さらに苛立ちが募ったガディウスは、自身に飛び掛かろうとする6号を魔浄の拳で容赦なく殴り飛ばす。
壁に叩きつけられた6号の動きが止まった事を確認すると、舌打ちしながらサリアを米俵のように担ぎ上げた。
「わわっ!? ちょっと何するのよ離しなさい!」
「耳元でピーピー喚くな! 一旦引き上げるんだよ! こんなチビに付き合いながら話なんてやってられるか!!」

見覚えのある光景

サリアを連れてその場を離れるガディウス。
まさかのサリアを米俵のように担ぎ上げて、無理やり連れて行きます。

ガディウスがサリアを担ぎ上げている光景。どこかで見覚えがありませんか?

6月に開催された「ジューンブライド」に登場した「疾走する新郎・赤龍契士ガディウス」のイラストと、全く同じ光景ですね。

2950


ジューンブライド開催時に公開されていたストーリーの中では、サリアの育て親「ガイノウト」の夢で終わった光景。ドレスこそ夢でしたが、運び方は正夢になったようです。
ガイノウトがこの光景を見たら、夢だけでなく現実でも「もっと丁寧に扱え!」とガディウスを叱りそうですよね。

聞こえる声

ストーリー後半では、サリア・ガディウスがその場を離れた後の6号が描かれています。
2人を追わなかった6号には、ある声が聞こえていました。

ギャーギャーと騒ぎながらその場を離れていく二人。
しかし6号は彼等を追う事もせず、倒れたまま頭を抱えていた。


『……よう……く……声……届……』
「ウウゥ……何ダ……頭ガ……ッ」


6号の脳内に直接響く声。
それは彼に支配されていたはずの契約龍『ヴァンド』の声だった。

契約龍「ヴァンド」

サリア・ガディウスがその場を去る中、6号は2人の後を追うことができませんでした。

2人にこそ聞こえていませんが、6号の脳内には契約龍『ヴァンド』の声が聞こえています。
過去に謎の男から力をもらい受け倒し伏せた契約龍が、ガディウスの一撃で弱った6号に話しかけます。
それが頭痛として、6号の動きを止めたようです。

3943


今まで6号が頭痛もなく戦っていたことを考えると、これまでは『ヴァンド』の声が聞こえていなかったようです。
となると、6号が効いた『……よう……く……声……届……』という言葉は、『ようやく声が届いた』と言っていたのかもしれませんね。

また、『ヴァンド』が突然ストーリーに登場となると、やはりパズドラ本編にも出現するのではないでしょうか。
その他の龍契士も龍と契約をしたキャラなので、今後近いうちにスペシャルダンジョンに登場するのかも?

注目記事一覧

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


パズドラくん パズドラくん(@pdkun
ジューンブライドのイラストがここにも関係してくるとは・・・!
やはり期間限定もパズドラ本編。繋がっているのですね〜。

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 107.6 MB
・バージョン: 4.0.7
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ