2019年にiPhoneの背面にもTrueDepthカメラ搭載か


現在は『iPhone X』の前面に搭載されているTrueDepthカメラですが、2019年には背面にも搭載されるようです。

iSightカメラのTrueDepth化は2019年か

TrueDepthカメラのセンサーを背面のiSightカメラにも加えるのは2019年になる、と金融企業Barclaysのアナリストは予測しています。

被写体・背景との距離を測り、背景だけに効果を施すポートレートモードがiPhone X/7 Plus/8 Plusで現在も利用できますが、背面カメラがTrueDepthカメラになることで加工がより高精度になるほか、拡張現実(AR)への応用も期待されます。

AppleはARへの関心を公言しており、iOS 11では『ARKit』というARアプリ開発支援ツールを提供しています。

現在のARKitはカメラの映像とモーションセンサーのデータを元に合成していますが、背面のTrueDepthカメラを組み合わせれば、より現実味のある正確な合成が行えるようになります。

一方でARアプリの開発は滞っているという調査結果もあり、背面へのTrueDepthカメラ搭載がARアプリの新たな起爆剤となるのかに注目が集まるでしょう。

新方式のTrueDepthカメラか

2017年11月にはウェブサイト『Bloomberg』が、2019年発表の新iPhoneには、現在のTrueDepthカメラのように赤外線のドットを使った3Dスキャンを行う方法ではなく、レーザーを使って3Dスキャンを行う方法が採用される、と報じています。

現在のTrueDepthカメラよりも生産しやすいことが利点とされていますが、現在もまだ開発が続いており、2018年の新型iPhoneには間に合わない模様です。

© 2018 Apple Inc.

参考

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 73.8 MB
・バージョン: 4.4
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
2色の怪獣を育てるストラテジーRPG『超進化物語』登場。目の前の「道」が戦いの舞台になるぞ。事前登録して、ゲーム内で使えるダイヤなどの豪華特典を手に入れよう。

超進化物語

オススメ