【パズドラ攻略】サタンヴォイド 評価・考察・使い方

satan


この記事は、「壊獄の魔神王・サタン=ヴォイド」の評価記事です。
ステータス詳細やリーダー・サブとして使用する場合、参考にして下さい。

※ライターによる考察です。1つの意見としてご覧下さい。

目次
ステータス詳細 リーダー評価 サブ評価
おすすめの潜在覚醒 おすすめの覚醒バッジ 総合評価
最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


ステータス詳細

壊獄の魔神王・サタン=ヴォイド

属性 副属性 タイプ コスト
悪魔 100
HP 攻撃 回復
最大Lv99 6,666 2,666 -9,999
各+99 7,656 3,161 -9,702

4286


スキル「ワールドバニッシュ」 Lv.最大
HPが1になるが、敵1体に攻撃力×300倍の闇属性攻撃。全ドロップを闇ドロップに変化。 20ターン
リーダースキル「魔神王の真眼」
悪魔タイプのHPと攻撃力が2倍。闇を6個以上つなげて消すと攻撃力が上昇、最大5倍。
覚醒スキル
闇属性強化 闇属性強化 闇属性強化 闇属性強化 闇属性強化
スキルブースト 光ダメージ軽減

光ダメージ軽減

神キラー
付けられる潜在キラー
神キラー

リーダー評価

適性 LS系統 HP/攻撃倍率

耐久・火力良し

サタンヴォイドのリーダースキルは、悪魔タイプのHP・攻撃に『2倍』の倍率がかかります。
その上で、闇を6個以上つなげて消すと『5倍』の攻撃倍率がかかるため、最大『10倍』と非常に高い攻撃倍率を出せるのが魅力。闇属性強化と合わせれば、数値以上に高い火力が期待できます。
高い火力はもちろん、2倍と高いHP倍率があるため先制にも強く、少し難易度の高いダンジョンであっても攻略・周回ともにこなせるでしょう。

回復はできない

攻防優れたリーダースキルではあるものの、自身の回復力が『-9999』のためダメージを受けたあと復帰するのは不可能。割合攻撃と先制ダメージが組み合わさったダンジョンには不向きと言えます。
もしそのようなダンジョンに挑むのであれば、サブに「HP回復」や「ダメージ無効」のスキルが必要になります。編成の幅は狭まってしまいますが、階層次第ではリーダーに選ぶのもあり。

サブ評価

適性 スキル系統 花火・ブレス・HP1

優秀な闇花火

サタンヴォイドのスキルは全ドロップを闇ドロップにする、パズドラでも珍しい「花火」と呼ばれるスキルです。闇ドロップ30個をつなげて消すことができるので、非常に高い火力が期待できます。
ダンジョンの高速周回ではもちろん、ヴォイドのスキルに別の生成スキルを合わせれば、コンボ吸収やダメージ無効にも対応できるのも魅力。HPが1になるデメリットさえ補えれば、非常に使い勝手の良い優秀なスキルと言えます。

覚醒との相性抜群

サタンヴォイドは全ドロップが闇ドロップにできるため、スキルを使用すると自ずと闇が列消しになります。そこに自身の闇属性強化5個の倍率がかかるため、闇花火以上に高い火力を期待できます。
また、ヴォイドは神キラーも持っているため、神タイプ相手ならばさらに高火力を出すことも。

おすすめの潜在覚醒

潜在 オススメの理由
攻撃強化 攻撃力の底上げで、攻略できるダンジョンの幅を広げる
スキル遅延耐性 ここぞという場面で必要なスキルなので、遅延は避けたい
神キラー 覚醒の神キラーにと合わせて、非常に高い火力が期待できる

おすすめの覚醒バッジ

ソロでの使用となると、スキルブーストを1個しか持っていないというのは痛い点。そこで「スキルブーストバッジ」をつけておくと、ダンジョンの攻略・周回ともに楽になります。
同じく、スキル封印、バインド耐性も持っていないため、ダンジョンによって「封印耐性バッジ」「バインド耐性バッジ」を組み替えていきましょう。

覚醒バッジ一覧
スキルブースト 封印耐性 バインド耐性

総合評価

アシストが無難

サタンヴォイドは高HP・高火力なリーダーとしても、決め手となる闇花火持ちのサブとして活躍できます。しかし、どうしてもパーティの回復力がマイナスになってしまい、復帰できなくなってしまうのが痛いところ。
そこで回復力のマイナスを少しでも和らげることができる「アシスト」での運用がオススメ。スキル発動までのターン数は長くなってしまいますが、直接サタンヴォイドを編成するよりも多くのダンジョンを攻略できるでしょう。

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 107.6 MB
・バージョン: 4.0.7
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ