iPhoneの画面上にある「凹」は2019年に無くなる?


『iPhone X』の画面上部にある「出っ張り」には否定的な意見もありますが、2019年に発表される新型iPhoneでは無くなっているかもしれません。

iPhoneの前面すべてが有機EL画面に

iPhone XはFace IDなどに使うセンサー・カメラ・受話口などを搭載するために、黒いエリアが画面に出っ張る形になっています。

Appleはこの出っ張りを無くし、センサー・カメラ・受話口を画面に埋め込む技術を模索している、とウェブサイト『Etnews』が関係者の話を元に報じています。

iPhone Xの発売前には以下のような、画面上に出っ張りがない予想CGも公開されていましたが、2019年には実際にこのような形のiPhoneが発売されるかもしれません。

ただしEtnewsは、この2019年の新型iPhoneの画面解像度・サイズ・形状は不明で、センサー類を画面に埋め込む方法はまだ決まっていない、とも伝えています。

1月には「出っ張りが小さくなる」とEtnewsは報じていました。

参考

Apple Decides to Get Rid of ‘Notch’ Design from Its New iPhones – Etnews

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 73.8 MB
・バージョン: 4.4
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ