【パズドラ】イデアル究極進化・パワーアップの可能性!? キリとエンラの新ストーリー公開!

story


ガディウスやティフォンを始めとした「龍契士勢力」と、イルムやズオーの「幻魔勢力」との戦いを描いた公式ストーリー。
今回、キリとエンラのストーリーが公開されました。

この記事では、そんな新たに公開された公式ストーリーをご紹介します。
ついに描かれたキリとエンラの対決。キリを追うエンラの目的が大きくストーリーを変える予感・・・!

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


遭遇

ストーリーの前半では、リィを探す龍契士キリの元に、龍喚士エンラが現れます。
キリの持つ契約龍マジェを求め、エンラとの戦いが幕を開けます。

天城に龍覚印を持ち帰ったキリはリィを探している最中、ソニア=グラン直属部隊のエンラと対峙した。
「お前が龍覚印を奪った者じゃな」
「そういう貴方は奪還命令を受けた龍喚士ね。残念だけど貴方の欲しいものは、もうここには無いわよ」
「いや、まだあるぞ。お前が右手に縛るそれは希少な大罪龍の1体。妾にとってはそちらが本命なのじゃよ。妾に譲ってはくれぬかの」
今にも暴れ出しそうなマジェを物欲しげに見つめるエンラへ、キリは軽蔑の視線を向ける。
「貴方はマジェがどんなに凶暴で浅ましいものか知っているの。何年もかけて育てた村の畑も、動物も、家も、人も。本能のままに滅ぼし尽くした化け物よ。どうしてこんなものを欲しいと言うの?」
「龍とは元来そう言うものであろう。それを御し、扱う事で有益な力となり得る。お前の龍も妾が上手く使ってやろうぞ」
召喚籠の鍵を外し、集めた龍を喚び出したエンラに、キリもマジェの力を解放する。
「これは私が願いを叶える為の道具で、仇でもある。他人に渡す気は無いわ!」

暴食の龍

キリが腕に縛り付けていた龍は、「暴食」の名を冠するマジェという龍です。
マジェはキリの紹介にも書いてある通り、過去にキリの住む村を滅した龍。その危なさを分かりながらも、キリは龍に復讐すべく力を利用しています。

enra_kiri


一方で、エンラも過去にドラゴンコレクターとして、このマジェを追っていたようです。
しかし、キリに先を越されてしまったようです。とはいえ、マジェの入手を諦めるわけではなく、契約したキリから奪おうと考えキリを追っていました。
そこまでしてマジェを追う理由はなんなのか? その理由がストーリーの後半で明らかになります。

戦いの行方

ストーリーの後半では、2人の戦いに終わりの兆しが見えてきます。
そして、エンラのマジェを追う理由もここで明らかに!

両者の力が幾重もぶつかり合い、優位に立ったのはエンラの方だった。
彼女の繰り出す様々な種の龍は少しずつキリの動きを封じ込めていく。
「これで終いじゃ。後はゆるりと龍を切り離すとしようかの」
望みの成就を確信し笑みを浮かべるエンラに、キリは氷のような声で問いかけた。
「貴方はマジェを使って何をするつもりなの」
「……全てを貪る暴食の龍。そやつに喰らわせたいのじゃよ。辛く悲しい、我が弟子の記憶をな」

マジェを求む理由

ついにエンラがマジェを追っている理由が判明しましたね。
エンラの言う「我が弟子」とは「イデアル」のこと。過去のストーリーで公開されていたように、イデアルには自分の生み出した少年を救えなかったという「辛く悲しい」記憶があります。
その思い出を暴食の龍マジェに喰わせ、完全に忘れさせようというのがエンラの目的。

この2人の戦いの結果によっては、イデアルの姿に新たな変化があるやもしれませんね。
今のイデアルはあくまで記憶を封印した姿。完全に過去の記憶を失うことで、新たな究極進化やパワーアップが行われるかも・・・?

ideal


また、マジェの存在も怪しいところ。
以前公開されたガディウス・サリアのストーリーにも、同じシリーズの龍が登場しました。

龍契士&龍喚士イベントに登場した、ストーリーの中心にいる龍契士は全部で5人。その人数分の契約龍が次々とストーリーに参戦しています。
近々、この契約龍たちもスペシャルダンジョン等の新規キャラとして出現するかもしれませんね。

注目記事一覧

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


パズドラくん パズドラくん(@pdkun
エンラさん・・・ええ人やん・・・。
かなりぶっ飛んだやり方ですが、弟子のためを想って生きているんですね・・・。なんだか泣きそう。

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 107.6 MB
・バージョン: 4.0.7
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ