『GOD EATER 3』はPS4、Steamで発売。8周年感謝祭で発表された最新情報まとめ


3月24日(土)に開催された「GOD EATER 8周年感謝祭」。第1部では『GOD EATER 3』の最新情報、第2部では『GOD EATER RESONANT OPS』の最新情報と、さまざまな関連情報が発表されました。

この記事では、本イベントで発表された『GOD EATER 3』の最新情報をお伝えします。

「GOD EATER 8周年感謝祭」アーカイブ

『GOD EATER 3』最新情報まとめ

まずは『GOD EATER 3』の第2弾ムービーが初公開。放映後、ムービー内のさまざまな情報を解説してくれました。

これまでのフェンリル本部は崩壊。接触するすべての構造物を喰らい、灰へと変える未知の厄災「灰域」というエリアが登場します。

▼主人公の相棒キャラです。声優は関智一さんが担当。


▼新しいゴッドイーター「対抗適応型ゴッドイーター(Adaptive God Eater)」 通称「AGE」が登場します。「AGE」であれば「灰域」内でも活動できるとのこと。


▼新しいバトルシステム「エンゲージ」。戦闘を続けているとゲージがたまり、発動可能になります。


PS4とSteam(PC)で発売されます。Steamという文字が画面に表示された時には、会場からどよめきが。


実機によるデモンストレーション

24_ge3 - 20


主人公が持っている武器は以前公開された二刀流タイプの新神機。かなり振りが速いようで、手数の多さは全神機の中でもトップクラスとのこと。また、両手持ちへの変形機構も備わっています。

▼両手持ち状態。
24_ge3 - 26


▼捕喰モーション。
24_ge3 - 34


▼照射し続けると太くなり、威力が上がる新しいタイプのレーザー。ただし長時間照射するにはかなりのOPが必要なようです。
24_ge3 - 39


新システムの「アクセルトリガー」も実機で紹介されました。「アクセルトリガー」は、特定の条件を満たすことで戦闘中にさまざまな特殊効果が発動するシステムです。

実機プレイではジャストガードで発動し、攻撃力がアップする「アクセルトリガー」が公開。ほかにもいろいろな条件があるそうですが、現段階では言えないとのことで発表されませんでした。

ここで「エンゲージ」の詳細も発表。「エンゲージ」状態ではアラガミを捕喰して自身がバースト状態になると、「エンゲージ」している仲間もバースト状態になるとのこと。

さらに、「アクセルトリガー」の特殊効果も「エンゲージ」した仲間と共有できるそうです。たとえばジャストガードが得意な友だちとプレイして「エンゲージ」すれば、どれだけ友だちがジャストガードを使っているのかわかりますし、同時に自分の攻撃力も上がっていきます。

「アクセルトリガー」にはさまざまな発動条件があるので、自分が得意な発動条件を満たすことで共闘時に貢献できそうです。新しい共闘体験が得られそうなシステムです。

なお、「AGE」はかなりピーキーに調整されたゴッドイーターとのことで、実機プレイでは、常時、片腕からオラクルがもれていました。「エンゲージ」時にはオラクルの光が両腕から漏れ出します。

24_ge3_2 - 1


アラガミの捕喰についても説明がありました。アラガミにプレイヤーが捕食されると、「エンゲージ」状態などの恩恵が解除されてしまいます。さらに一定時間リンクエイドも使えなくなってしまうので、パーティが2人の時に仲間が捕食されてしまい、さらに自分のHPが0になってしまった場合は強制リスポーンになるようです。

このほか、プレイヤーを捕喰したアラガミは、ゴッドイーターたちと同じくバースト状態になり、攻撃行動が変わります。活性化と似たイメージですが、実機プレイでは四速歩行だったアラガミがバースト状態で二足歩行に変化しました。なおそのアラガミは胸部が弱点ということで、バースト状態時には弱点を狙えるそうです。

▼バースト状態になったアラガミ。
24_ge3_3 - 1


最速体験会が4月下旬に開催

「最速体験&合同開発サミット」開催が決定しました。応募方法は後日公式サイトにて公開されるとのことです。


※画面は開発中のものです。

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ