Appleが新しい9.7インチ『iPad』発表! 『Apple Pencil』対応&『iWork』アップデート


3月28日、Appleが新しい9.7インチ『iPad』を発表しました。

新しい『iPad』はプロセッサにこれまでのA9チップより性能の高いA10 Fusionチップを搭載。さらに『iPad Pro』でしか対応していなかった『Apple Pencil』もサポートしています。

『Apple Pencil』を使うことでアイデアをスケッチしたり、メモを素早く手書きしたり、スクリーンショットをマークアップしたりといった作業が『iPad』で快適に行なえます。

『Pages』、『Numbers』、『Keynote』でスケッチが可能に!

また、あわせて『iWork』アプリのアップデートも発表されました。

『Pages』、『Numbers』、『Keynote』といったアプリで、『Apple Pencil』を使って直接スケッチや文字を書けるようになります。


新しい『iPad』は学校での利用を考えられており、『Apple Pencil』と『iWork』アプリを組み合わせることで生徒たちがカンタンに絵、イラスト、図表などを使った文書を作れるようになります。


『Pages』で本が作れる!

なかでも『Pages』は大きくアップデートされており、誰でも簡単にデジタルブックを作れるようになっています。


テンプレートを使って本の作成を開始でき、『iWork』の新しい描画ツールを使って図を描いたり、写真ライブラリのイメージギャラリーやビデオを使ってブックをカスタマイズしたりできます。

また、『iPad』、『iPhone』、『Mac』、そして『iCloud.com』上で、リアルタイムにクラスメートや同僚たちとの共同制作も可能です。

共同制作向けに「スマートアノテーション(ベータ版)」機能もリリースされており、文書内でのフィードバックのやり取りを始め、コメントや校正などのテキストが動的に反映されます。

多人数での共同制作にかかせない機能と言えます。

プレゼン向け「発表者モード」も

そのほか、Pagesには「発表者モード」も追加されています。

「発表者モード」を使うと文書内のテキストが自動的にスクロールして表示され、iPadやiPhoneをプロンプターのように利用できます。

スクロール中のテキストのサイズ、文字間隔、フォント、背景色も自由にカスタマイズできます。

『iPad』の価格は37,800円から!学校向けは35,800円!

これらの新しい機能が使える『iPad』の価格は、32GBのWi-Fiモデルが37,800円、32GB Wi-Fi + Cellularモデルが52,800円です。
Apple Pencilは10,800円での別売りとなっています。

ただし、学校では『iPad』を35,800円、Apple Pencilを9,800円で購入できます。

新しい『iPad』の予約注文は本日からApple公式サイトにて開始され、今週末までに発売されます。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

© 2018 Apple Inc.
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ