【パズドラ攻略】転生孫悟空 評価・考察・使い方

son


この記事は、「転生孫悟空」の評価記事です。
ステータス詳細やリーダー・サブとして使用する場合、参考にして下さい。

※ライターによる考察です。1つの意見としてご覧下さい。

目次
ステータス詳細 リーダー評価 サブ評価
おすすめの潜在覚醒 おすすめの覚醒バッジ 総合評価
最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


ステータス詳細

転生孫悟空

属性 副属性 タイプ コスト
ドラゴン/攻撃/神 45
HP 攻撃 回復
最大Lv99 4,078 2,640 193
各+99 5,068 3,135 490
限界突破 4,486 2,904 212
各+99 5,476 3,399 509

4277


スキル「龍輪如意棒」 Lv.最大
水ドロップを光に、闇ドロップを回復に変化。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 9ターン
リーダースキル「金猿神の魂」
ドラゴンタイプの攻撃力と回復力が2.5倍。光を4個以上つなげて消すと攻撃力が上昇、最大6倍。
覚醒スキル
光属性強化

バインド回復 スキルブースト 封印耐性 光属性強化

操作時間延長 バインド耐性 バインド耐性 超追加攻撃
付けられる潜在キラー
マシンキラー 悪魔キラー 回復キラー 体力キラー
付けられる超覚醒スキル
HP80%以上強化 L字消し軽減 追加攻撃

リーダー評価

適性 LS系統 攻撃/回復倍率

最大倍率225倍の高火力

転生孫悟空はドラゴンタイプの縛りがあるものの、最大倍率225倍の高火力を出すことが可能です。光ドロップを4個以上つなげて消すと攻撃力が上昇するため、光の列消しをすることで覚醒スキルの「光属性強化」もフルに活かすことができます。

耐久面に難あり

転生孫悟空は回復に倍率がかかるリーダースキルになっているため、復帰力はそれなりに高め。割合ダメージ等で減らされたHPを戻すのは比較的楽といえるでしょう。しかし、ダメージ軽減やHP倍率はないため、先制攻撃や大ダメージに弱く、ダンジョンによって軽減スキル持ちを編成する必要があります。

サブ評価

適性 スキル系統 ドロップ変換・ヘイスト

変換+ヘイスト効果が強い

転生孫悟空のスキルは進化前と変わらず、「ドロップ変換」+「1ターンヘイスト」の2つの効果を持っています。光と回復ドロップの2種を生成できるため、攻めたいタイミングだけでなく回復したいときにも便利なスキルです。また、ヘイスト効果もあるため、パーティ全体をサポートできる面も優秀と言えるでしょう。

光パ向けの覚醒スキル

覚醒スキルに光属性強化を持っているため、光列パのサブに編成できる性能を持っています。また、完全バインド耐性やスキルブースト、封印耐性など汎用性の高い覚醒スキルも備えているのもポイント。超追加攻撃も持っているので、操作時間や回復ドロップに余裕があるなら火力アップにも期待できるでしょう。

おすすめの潜在覚醒

潜在 オススメの理由
スキル遅延耐性 ヘイスト効果等を持つスキルのため、遅延を避けたい。
操作時間延長 操作時間に余裕をもって列消し可能になる

おすすめの超覚醒

順位 潜在 オススメの理由
1 L字消し軽減 回復ドロップをスキルで生成できるので、発動は容易。
2 追加攻撃 列消しができなくなるが、根性対策としてはあり。サブの場合は1番オススメ
3 HP80%以上強化 サブで使用する場合、効果を発動できる機会は多い

おすすめの覚醒バッジ

転生孫悟空は回復倍率で復帰こそできるものの、HP倍率や軽減効果がないため打たれ弱いのが痛いところ。そのため、「HPバッジ」で耐久力を補ってあげるのがおすすめ。また、光の列消しによる攻撃が基本となるため、「操作時間延長バッジ」をつけて操作時間に余裕を持たせるのもよいでしょう。

覚醒バッジ一覧
HP 操作時間延長

総合評価

光列パのサブにオススメ

リーダーとして使用すると最大225倍の高火力を出すことができますが、HP倍率やダメージ軽減などはありません。運用する場合には軽減スキル持ちをサブに編成してサポートしながら戦いましょう。
一方、サブとしては使いやすい変換スキルを持つため、光パに編成すると非常に活躍してくれます。特に光列パーティのサブとしては、スキル・覚醒スキルどちらも噛み合う優秀なモンスターと言えるでしょう。

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 106.1 MB
・バージョン: 4.0.5
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ