【パズドラ】パズドレ 対戦を糧に最強チームを作れ! 対戦モード入門編その4!

saikyo


パズドラ本編にはなかった「対戦モード」がプレイできる「パズドラレーダー」。スタミナがないので遊び放題!

・・・とはいえ、正直どう進めれば良いのか、どんなパーティなら勝てるのかわからない・・・。こんな方も多いのでは?

そこで、パズドラレーダーの対戦モード入門編! パズドラレーダーの対戦モードを実際にプレイしながら学んでいきましょう。
前回までで事前準備はおしまい。ついに己がチームを試す「対戦」を始めていきます!


いざ対戦!

チーム編成ができたら、いよいよ本番! [バトル]から対戦をしていきましょう!

IMG_4924


バトル時に相手モンスターを長押しすると、どんなスキルを持っているのかを確認できます。
この機能でどのタイミングでスキルを使うべきか、探っていきましょう!

これが対戦の醍醐味、読み合いの要素! いかに上手く自分のフィールドに相手を連れてくるかの勝負です。

02


敗北を糧にチームを調整しよう!

対戦の結果がどうであれ、それは重要な改良材料。
敗北したならば、どこが悪かったのか、どう編成をいじるか。これを考えていくのです。

本編のダンジョン攻略と同じく、トライアンドエラーの精神ですよ!

IMG_4925


ただし、本編とは違い、レーダーは相手の変わる対戦ゲーム。
相性などもあるので、絶対の勝利はありません。そこも含めて駆け引きなのです。

実際に戦ってみる!

さぁ、今回もレーダー復帰勢のキントキも一緒に学んでいきますよー!

前回のチーム編成編で仮ではありますが、チームを組み上げました。
となれば、あとは実戦にて調整するのみ・・・!

前回お見せした通り、『リーダー編』『モンスター編』を経てできたチームがこちら。
私の脳内では、バシバシ勝利している未来が見えています。正直いじるところもなく終わったりするんじゃないかと、少し記事的な不安すらも抱いております。

01


しかし、所詮は脳内シミュレーション。実際に戦ってこそ、真の形が見えるというものです。

というわけで、いざ実戦投入!


今回は「イーリア」の方がお相手ですね。よろしくお願いします!

私の編成では「ラム」の発動に注意する必要がありそうですね・・・。
光カーリーとキリが50%でバインドを受けてしまうので、うまくタイミングを合わせて「オーディン」を使いたいところ・・・!

02


1ターン目は上手く「キリ」の妨害が決まったものの、落ちコンで互いにHPゲージを損失。
確実に勝利を狙うならば、次の「ジュリ」で耐え切りたいところ。

03-1
03-2


2ターン目にラムと読むも、見事に外れ・・・。この読み合いこそ、対戦ゲームの醍醐味ですね。
・・・それでいうと、このあと1/2をなんとか引き当てねばならないわけだ・・・。

04


とりあえず、オーディンのHP回復でヘラクレスのデメリットを打ち消せたので、まぁ良いでしょう。

05


そして、いざダメージ計算!
見事にジュリの80%軽減が効いてきましたね! なんとかHPゲージを守りきれました。

このまま削り切れれば勝利。もし1ターン逃しても、判定勝負に持ち込めますね。

06


3ターン目も順調に敵HPを削れました!
お相手の盤面が優れなかったようで、HPゲージも守れて完璧です。

ここまでは特に調整を加える部分もなさそうに感じます。それほどに順調なのです。

07


しかし、ここから一気に流れが変わります。

ついにお相手が「ラム」を使用。奇しくも闇枠のキリがバインド状態に・・・。
さらに、畳み掛けるが如くクシナダで絶妙なガード。HPゲージを削られました・・・。

ここは純粋に読み合いに負けた、といったところでしょう。
勝率を上げるならばギミック対策を削ってでも、バインド耐性をしっかり積んでおくべきかもしれません・・・。

08-1
08-2


そして、次ターン。私側のスキルはなく、パズルの頑張りあれど削り切られてしまいます。
その上、5色では削りきることができず、HPゲージを削られただけとなってしまいました。

これは完全に火力不足が現れてますね・・・。

09-1
09-2


最後は運良く盤面も揃い、なんとか勝利。
勝利といえど、調整が必要そうな部分がありましたね・・・。この後は、ここをいじっていきましょう!

10-1
10-2



今の戦いを振り返ると、調整を加えなければいけないのは『3つ』!

1つ目:火力

記事以外の戦いも含めて、このチーム編成1番の課題は「火力」ですかね〜。
攻撃しても削りきれない場面が多かった・・・。

エンハンスを増やすのも手ですが、ここは改めてチーム詳細を覗いてみます。

07-1
07-2


現在のスキブ数は『11個』。
それに対して、私の編成の中で、1番スキルターンの長いのがジュリの『11ターン』。

しかし、この編成の流れとして「ラー→ジュリ→(1ターン空)→ラー」の順で、防御減少を4ターン継続させています。
ということは、本当ならスキブは2ターン目にジュリが使える『10個』で良いはず・・・。


つまり、1枠『UR』が無駄になっていたというわけですね!
この1枠を多くのリーダーが持つ「神キラー」に変えておきましょう!

戦ってみて多かったリーダーが「神」「ドラゴン」。すでにドラゴンキラーはつけてあるので、今回は「神キラー」というわけなのです。

おでん
おでん2


2つ目:欠損率

1つ目の火力不足にもつながっていたのが、この「欠損率」。
5色までは盤面にあるのですが、最大倍率の条件『6色』というのがなかなかありません・・・。

これを回避するには、自ずと『6色陣』が必要になるのですが・・・。


残念ながら、私の手持ちには『6色陣』がありませんでした。どんなモンスターを持っているかも勝利に関わってきてはしまうもの。
ここばかりは諦めるしかないですね・・・。

しかし、それでも勝率がそこそこ良かったのは、「毒」や「変換」などで相手に盤面をいじられても「カーリー」で対応できたというところでしょうか。
この枠は変更せず残しておく方針で!

カーリー


光ラーのスキルが「オールドロップチェンジ」だったらば、ジュリを「サタン」に変えて判定勝ちを狙いに行ったのですが・・・。
ここばかりは私の引き運を呪っておきましょう()

IMG_4917


3つ目:バインド

そして、最後に思ったのが「バインド」問題。
光カーリーはバインド耐性をつけられる『SR』が1枠しかないので、オーディンをタイミング良く使うしかないですね・・・。


しかし、バインド対策を完全にはできていない「キリ」を対策すれば、少なくとも5色の攻撃条件は揃えられるわけです。
ならば、キリだけでもしっかりバインド対策しておきましょうか!

キリ
キリ2


キリについていた「ロック耐性」ですが、他に空いている枠がなかったので毒耐性とチェンジ!
本当は対戦で多く見かけた「毒耐性」「ロック耐性」は残しておきたかったのですが、毒読みカーリーで切り抜けることにします。


いかがでしょうか? こんな感じで、対戦・調整と繰り返して、良いチームになってきたのではないでしょうか!

IMG_4922
IMG_4923


正直な話をすれば、若干のモンスター不足感・・・。しかし、こればかりは日々プレイを重ねるしかないですね。


というわけで、これにて実際のプレイを交えた対戦モードの紹介は終わり!
なんとなくでも進め方を覚えて、パズドラ本編とはまったく違うレーダーの対戦モードに興味を持っていただけたらなと思います。


a48765cb4682ba46ed583d50ef86ed5e_400x400 パズドラくん(@pdkun
リーダーのスキルをランダムで付け替える、超覚醒的システムが欲しい今日この頃。

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 107.6 MB
・バージョン: 4.0.7
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ