【PUBGモバイル】スマホ版とPC版の違いは何? 比較してみた


スマホ版PUBGこと『PUBG MOBILE(PUBGモバイル)』と、PC版の『PLAYERUNKNOWN`S BATTLEGROUNDS』には少しだけ違いがあります。

この記事では同じところと、違うところについて紹介します。

マップはどちらも同じ

まず知って欲しいのは、PC版もスマホ版もマップはどちらも同じということです。
遊べるマップには違いはありません。

PC版PUBGの孤島(Erangel)


スマホ版PUBGの孤島(Erangel)


PC版PUBGの孤島(Miramar)


スマホ版PUBGの孤島(Miramar)


スマホ版PUBGは室内が単純になっている

PC版とスマホ版の大きな違いは室内です。


スマホ版では室内が単純になっています。


こちらはPC版の2階に立てこもられるとほぼ絶対に勝てない家。


スマホ版では右側の部屋がひとつにまとめられています。


このように多くの家で室内がカンタンなつくりになっています。

窓にガラスと鉄格子がない

また、もうひとつ大きく違うのは窓です。


スマホ版ではどの窓にもガラスがなく、鉄格子もなくなっています。


このため「どの家にもドアを開けずに入ることができ、どの窓からも銃で狙いやすい」という状態になっています。

屋内の違いよりも、この違いが一番大きいと思います。

スマホ版PUBGはバージョンが少し古い

また、スマホ版にはPC版に新たに実装された新アタッチメントが実装されていません。


逆にPC版でできなくなった「アサルトライフルに8倍スコープをつける」ことはできます。


このことから、スマホ版はPC版よりも少しバージョンが古いと考えられます。

ほかにもパラシュートの挙動や車両の動きなど細かい違いはありますが、大きく異なるのは家のつくりと武器やアタッチメントなどのバージョン格差です。

スマホ版PUBGの独自機能

続いてスマホ版PUBGの独自機能を紹介します。

アイテムの自動取得&付け替え

大きいポイントは武器やアイテムの自動取得です。


所持している銃の弾を自動的に拾ってくれるだけでなく、アタッチメントなども付け替えてくれます。

ミニマップに足音や銃声の表示

また、右上のミニマップに足音や銃声が表示されます。


音が聞こえにくい場所でプレイしていても、これだけで大まかな方向がわかります。

トレーニングモードやアーケードモード

続いてトレーニングモードです。武器を自由に試すことができます。
これPC版にも付けてほしい……。


モード選択からは、8分間戦う【クイックマッチ】やスナイパーの訓練ができる【スナイパー特訓】といったアーケードモードも遊べます。


30分間遊ぶ時間がないときはアーケードモードが良いですね。

成長要素&クラン機能

そのほかレベルを始めとした成長要素と


ゲーム内でクランが作れるクラン機能が特徴的です。


そのほかの攻略情報やニュースはAppBankのPUBG攻略まとめをチェックしてください。

PUBG MOBILE ・販売元: PUBG CORPORATION
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 1,544.3 MB
・バージョン: 0.5.0

©2018 PUBG Corporation. All Rights Reserved.

『PUBGモバイル』の攻略記事や最新ニュースをまとめてチェック!

AppBank.netでは、最新情報や攻略記事など『PUBGモバイル』の情報をひとまとめにした特集ページを掲載中です。ぜひブックマークをお願いします!

【まとめページはこちら】
『PUBGモバイル』攻略・最新情報まとめ

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ