【パズドラ攻略】究極ゼラ 評価・考察・使い方

1245


この記事は、「岩拳の大魔女・ゼラ」の評価記事です。
ステータス詳細やリーダー・サブとして使用する場合、参考にして下さい。

※ライターによる考察です。1つの意見としてご覧下さい。

目次
ステータス詳細 リーダー評価 サブ評価
おすすめの潜在覚醒 おすすめの覚醒バッジ 総合評価
最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


ステータス詳細

岩拳の大魔女・ゼラ

属性 副属性 タイプ コスト
悪魔/攻撃/体力 35
HP 攻撃 回復
最大Lv99 6,002 2,302 120
各+99 6,992 2,797 417

4415


スキル「ハウリングストーム」 Lv.最大
1ターンの間、2コンボ加算される。全ドロップのロックを解除し、木と回復ドロップに変化。 16ターン
リーダースキル「古樹霊の闘術」
HP50%以上でダメージを軽減、木属性の攻撃力が4倍。木を2コンボで攻撃力が2.5倍、3コンボ以上で最大3.5倍。
覚醒スキル
バインド耐性 バインド耐性 封印耐性 コンボ強化 コンボ強化
コンボ強化 追加攻撃 操作時間延長 スキルブースト
付けられる潜在キラー
神キラー 悪魔キラー マシンキラー 体力キラー
回復キラー

リーダー評価

適性 LS系統 攻撃倍率・軽減

最大倍率196倍

ゼラはHP50%以上で木属性の攻撃力が4倍。木の3コンボ以上で最大3.5倍の倍率を出すことができます。リーダーとフレンドで運用することで、最大196倍の攻撃倍率を引き出すことが可能。しかし、最高倍率を出す為には木ドロップが9個必要になる点には注意が必要です。また、木属性のモンスターだけに対して、4倍の攻撃倍率がかかる点にも気を付けましょう。

軽減効果が優秀

HP50%以上のときは常にダメージ軽減効果が発動するため、初心者から上級者まで使いやすい性能になっています。敵の先制攻撃や割合ダメージ、大ダメージに効果的なので、初見ダンジョンなどで運用することで活躍できるモンスターと言えるでしょう。
また、軽減率は『35%』と高くなっているため、99%の割合攻撃を受けてもHPが50%を切らないというのも利点と言えます。

サブ評価

適性 スキル系統 コンボ加算・ロック解除・2色陣

3つの効果を持つスキルが優秀

ゼラのスキルは「2コンボ加算」「ロック解除」「2色陣」と、3つの効果を持っています。これらは、いずれもゼラ自身のリーダースキルととても相性がよく、初心者でも安定して最大倍率を出せる性能となっています。発動までは最短16ターンと若干重めですが、ロック解除→2色陣の効果はサブ時にも使いやすいスキル性能と言えるでしょう。

汎用性の高い覚醒スキル

完全バインド耐性に加え、コンボ強化を3個所持。さらに追加攻撃も持っているため、サブでも十分活躍できる性能を持っています。封印耐性やスキルブースト、操作時間延長などのメジャーな覚醒スキルも備えているのもポイント。木パを使用するときにはぜひサブに入れておきたいモンスターです。

おすすめの潜在覚醒

潜在 オススメの理由
スキル遅延耐性 重いスキルなので遅延は避けたい。
操作時間延長 コンボ数が必要となるリーダースキルのため、あると余裕を持てる。
HP強化 火力は十分高いため、他ステータスを延ばすのもあり。

おすすめの覚醒バッジ

ゼラは軽減効果こそあるものの、復帰性能は回復倍率もなく自身の回復力も高くないためやや低め。そのため、「回復力バッジ」をつけておくと安定して攻略ができますよ。
また、スキル発動ターン数が比較的重たいため、「スキルブーストバッジ」をつけてサポートするのがオススメ。コンボ数によって倍率が変動するリーダースキルとなっているため「操作時間延長バッジ」をつけるのもあり。

覚醒バッジ一覧
回復 回復力 スキルブースト 操作時間延長

総合評価

リーダー/サブどちらでも活躍できる

ゼラは最大196倍の超火力、HP50%以上で常にダメージを軽減できる点から、上級者向けの高難易度ダンジョンや初見ダンジョンの攻略で活躍できる性能となっています。リーダーとして運用する場合は、初心者から上級者まで使いやすいリーダーとして使用することできるでしょう。
また、サブで運用する場合は、優秀な覚醒スキルやロック解除→2色陣のスキルを活かして、木のコンボパーティ等で大活躍できるでしょう。

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 106.1 MB
・バージョン: 4.0.5
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ