魔法擬人化RPG『魔法パスワード1111』開発秘話。一度ストーリーが全ボツに!?

ヘキサドライブのオリジナルブランド「Ficustone project(フィクストーンプロジェクト)」インタビューの第3回は、シリーズ2作目『魔法パスワード1111(まほぱす)』をピックアップ!

ficustone - 24


超天才の主人公が擬人化された魔法と一緒に冒険をするストーリーですが、全シナリオをゲームに組み込んだ後に全ボツにして作り直したという裏話も!? そんな開発秘話に注目ですよ!(文:ATom)

【インタビューのお相手】
寺井瑞希さん:フィクストーンプロジェクトに関する3作品のディレクションやシナリオ・世界観などを担当。
奥田仁一郎さん:プロジェクトを推進し、シリーズ全体のプロデューサー的なポジションを担当。

▼左は奥田仁一郎さん、右は寺井瑞希さん。

ficustone - 18


▼2作目となる『まほぱす』のPV。「魔法の擬人化」という設定がおもしろいRPGです。

魔法の擬人化RPGは一度ストーリーが全ボツになった!?

ーー『魔法パスワード1111』について、開発コンセプトを教えてください。

寺井:こちらは魔法だけで戦うRPGというコンセプトですね。MPのリソース管理をするRPGを作ろうというのが出発点です。

『アイ経』のときは魔法の要素を入れられなかったので、今度は魔法だけにしようというわかりやすい感じですね。

奥田:バトルがターン制ではなく、リアルタイムになったので、その部分に関してはせわしないといったような意見もありました。

ficustone - 4


寺井:リアルタイムバトルにしたのは理由がありまして。『アイ経』はガチガチのパズルゲームだったので、クリアできない人が出てしまいました。それを緩和しようと思ってリアルタイムにしてみたりとか、レベルの振り幅をもう少し増やしてランダム要素を増やしたりしてみたんですよ。

でも、『アイ経』が好きだった人にとってはいまいちだったという意見もありました。その部分は『せかわく』ではまた見直しています。

ーー『アイ経』に続く作品ということで、意図的に変えなかった部分や残そうと思った部分はあるのでしょうか。

寺井:ストーリーの雰囲気とアイテムや敵の名前、ちょっと変わったRPGであること、エンディングがあるということと、無料でエンディングまでいけるということは維持しました。

あとは『アイ経』のときからですけど、シリーズの狙いとして「刺さる人に刺さるもの」というのがありますね。

大衆受けを狙うとしたら、もう少し難易度を低めにしてオートバトルを入れるなど、もっと遊びやすくしたほうがいいのかもしれません。でも、そこはちゃんとした歯ごたえのあるゲームにして、ハマる人にはハマるというゲームにしたいという思いがあります。

ficustone - 25


ーーお気に入りのキャラクターを教えてください。

寺井:主人公であるレーニアことスペスレーニアがお気に入りで、単純に個人的に好みのタイプという感じですね。

金髪碧眼が好きなので、見た目は好みというわけではないのですが(笑)、秘密を抱えた主人公というのが大好きなんですよね。

その秘密がどんどん明かされていくというのが本当に好きで、それを絶対に入れたかったんです。

『アイ経』の主人公のウィルは、一般人でただ田舎から出てきた少年なので、なんの秘密も持ってはいけなかったんですよ(笑)。

『まほぱす』では天才が主人公という設定ができたので、ありとあらゆる設定を詰め込んで厨二病のかたまりみたいなキャラクターにしました。

王道RPGの世界観に、少年マンガの厨二病的な要素を入れ込んで燃えるみたいな展開にしたくて、自分の好きな要素をレーニアにたくさん詰め込んだので、一番好きという感じですね。

ficustone - 5


ficustone - 6


ーー魔法の擬人化というのも特徴的な要素ですが、あれはシステム以前の早い段階から決まっていたのでしょうか。

寺井:もともと魔法の擬人化はしたいと言っていたのですが、どちらかというとマネタイズの都合ですね。

プレイヤーがお金を払ってもいいよと思ってくれる要素は何かと考えたときに、キャラクターを好きになってくれたらお金を払ってもいいと思ってくれるかなと。

普通のソーシャルゲームだったら一緒に戦う仲間だったりするんですけど、『まほぱす』だったら魔法をキャラクターにしてしまえば、その子たちが好きだから何かをプレゼントするためにお金を使ってもいいと思ってくれるかなと、そういう狙いがあって魔法の擬人化をしました。

少年マンガだと力の擬人化というのは割と王道で、それをやりたかったというのもあります。

ficustone - 7


ficustone - 8


ーー開発で苦労した部分はありますか。

寺井:魔法の擬人化については設定が大きく変わっていて、最初の頃はレーニアの心のなかに発生している魔法たちの擬人化だったんですよ。

その設定でストーリーを全部書いてみたら、レーニア個人だけで完結する、内面世界のレーニアと外の世界のレーニアの話になってしまったんです。それが哲学的というか話がわかりにくいという状態になってしまって、あまりおもしろくないと開発内部で不評だったんです。

ficustone - 27


なので、開発の後半に1週間くらいかけてストーリーを全部作り直すことにして、今の設定に変わりました。演出まで全部組み込んだ後だったんですけどね(苦笑)。

設定からキャラクターの性格から、いろいろと変わっています。魔法の擬人化という部分は変わっていませんが、魔法たちの設定が「魔王の魔法」を引き継いだもの、という全然違うものになっています。

また、『アイ経』よりも話を明るくしようとした結果、「アクがない」と社内からイマイチな感想をもらってしまったので、「だったらアクを入れます」と気合を入れて書き直した部分もあります(笑)。

ナフィリアのキャラクターなどがそうですね。ナフィリアは初期バージョンではかなり王道なヒロインだったんですが……今はかなり独特な子になったかと思います。

ーー師匠はいいキャラクターだと思うのですが、これは変わらなかったのでしょうか。

寺井:師匠の設定はまったく変わっていないです。師匠以外のメンバーの設定は、ほぼすべて変わっていますけど。

師匠は開発内でも評判がよかったので、その部分については残すようにしました。

ficustone - 9


ーー魔法との好感度の管理は大変な印象があったのですが、開発側としてはどうだったのでしょうか。

寺井:好感度のシステムに関しては、どちらかというと成長させていくというイメージで作ってなかったんですよ。

必要なときに必要なキャラクターの状況を見て、どのキャラを使うかを選んで戦うというイメージなんです。なので、例えば回復キャラを使っていないからあまり上がってないというときでも、回復キャラなしでどうやってクリアしようと考えてくれればいいと思っていたんです。

それでも、やはり回復キャラが必要だとなった場合も、好感度はすぐに上がるようになっているので、ちょっと上げてもらえばすぐに戦えるバランスになっています。

その時々で攻略法や組み合わせを考え、好感度を調整する。だから、プレイスタイル次第で、好感度がすぐ下がり、すぐ上がるようになっているというわけです。

ただ、RPGはちょっとずつ成長させていくという楽しみもあるので、そういう意味では「RPGなのに下がるの?」という意見もあって、受け入れられにくかった部分はあるかもしれません。

個人的には成長要素というよりは調整要素という感じで、簡単にしたつもりだったのですが『アイ経』より難しくなったと言われてしまって。

ficustone - 10


ficustone - 11


奥田:リアルタイムでせわしないというのもあいまって、じっくり考えるひまを与えられないから、余計難しくなったと感じてしまうのかもしれません。

あとは『アイ経』はダンジョンへ行く前の準備が重要だったのに対して、『まほぱす』は準備がある程度適当でもなんとかなるバランスにしたので、『アイ経』のシステムが好きだった人には物足りなかったのかもしれませんね。

ficustone - 26


寺井:『アイ経』のシステムは、実は社内ではあまり評判が良くなかったんです。準備をしてそれをこなしていくという作業がRPGっぽくないというか、ランダムでの振れ幅が少ないと。

『まほぱす』ではそれを見直したいと考えたのですが、1作目が終わる前から2作目の作業にとりかかっていて、『アイ経』のプレイヤーの反応を見る前に企画書はすでにできていて開発が始まっているんですよね。そのあたりを反映できなかったのはちょっと残念でした。

ーーエンディングを見たあとにぜひ見てほしい隠し要素やイベントがありましたら教えてください。

寺井:魔法キャラについては、レベルごとと好感度ごとに数段階ずつプロフィールが更新されていくようになっています。そこにいろいろと裏話が入っているので、時間はかかると思いますがぜひ見ていただければと思います。

あと、追加ダンジョンもすべて無料で用意していますのでぜひ遊んでみてください。『せかわく』も作りながらがんばって作ったので(笑)。

1つすごくオススメのダンジョンがあるんですよ。追加番外編ダンジョン「パンドラの村 裏路地」、通称「毒姫ダンジョン」なんですけど、このダンジョンがおもしろかったので、後押しされるかたちで、その要素を次回作の『せかわく』でも強めたんですよ。

『せかわく』はものすごい数のバフやデバフを積んで戦うんですが、それはこのバフやデバフをガンガン使ってくる毒姫という存在に後押しされているシステムなんです。

『せかわく』プレイ済みの方は「なるほど」とちょっと笑えると思いますので、ぜひプレイしてみてほしいですね。

※フィクストーンプロジェクトの3作目『【終末放送】世界を救う枠(せかわく)』のインタビューは近日公開予定です。

魔法パスワード1111 ・販売元: HEXADRIVE Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 212.3 MB
・バージョン: 1.1.1

©︎ HEXADRIVE Inc.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ