リメイク版『バイオ2』は『7』の技術を活用。物語も再考証され、まるで新作⁉


E3 2018に関連して発表されたカプコンの『バイオハザード RE:2』の国内での発売日が2019年1月25日と発表されました。価格はプレイステーション 4のパッケージ版が7,800円、ダウンロード版が7,222円。Xbox Oneのダウンロード版が7,280円、PCのダウンロード版が7,222円。いずれも税別となっています。

まさに“原点にして、最恐”の『バイオ2』最:新作

『バイオハザード7 レジデント イーヴィル』のために開発されたゲームエンジン「RE ENGINE」を本作にも採用。キャラクター&背景の構成や、物語も改めて考証が行われた懐かしくもまったく新しい“恐怖の惨劇“がラクーンシティで繰り広げられます。


どんなに傷つけられようとも、執拗にプレイヤーの命を貪りに来るゾンビたちの姿が「ビハインドビュー」により、更なる臨場感で描かれ、“喰われる恐怖”を演出します。

死角となる物陰、闇の中に潜む数々の恐怖体験。己の機転と行動力で、窮地を脱し“極限状態からの生還”――絶望的な窮地から“生き延びろ!”




<STORY>
合衆国北西部の街、ラクーンシティ。
その郊外では“人食い”とも呼ばれる猟奇事件が頻発していた。
市警特殊部隊S.T.A.R.S.の派遣により、事件は解決を見るも
真相が公表されることなく、月日が流れて行った。
1998年9月―
猟奇事件から約2カ月後、
ラクーンシティ市街地で大規模なパンデミックが発生した。
赴任先のラクーンシティ警察署へと向かう新人警官レオン・S・ケネディ。
時を同じく、特殊部隊隊員である兄の安否を確かめるため
ラクーンシティへと向かう女子大学生のクレア・レッドフィールド。
二人は、生ける屍者で溢れた街、
見紛う事のない地獄 を目の当たりにする……





本作も発表された「E3 2018 PlayStation Showcase」の情報はこちらを御覧ください。

Twitterキャンペーン

『バイオハザード RE:2』の発表を記念してTwitterキャンペーンがスタートします。

最新PVを見て、本作への期待や感想などをハッシュタグ「#バイオハザード RE:2発表!」を付けてつぶやくか、公式アカウントより発信されるキャンペーンツイートをリツイートしても参加が可能です。

キャンペーンにご応募いただいた方の中から、抽選で10名様にE3会場限定のオリジナル『R.P.D.』Tシャツがプレゼントされますので、ふるってご応募ください。

【参加方法】
ご自身のTwitterアカウントでログイン後、ハッシュタグ「#バイオハザード RE:2発表!」とつけて、『バイオハザード RE:2』へのコメントを投稿してください。また、該当キャンペーンツイートをRTすることでもご参加いただけます。
※バイオハザードシリーズ公式アカウント「BIO_OFFICIAL」をフォローすることが参加条件となります。

【キャンペーン期間】
募集期間:2018年6月12日(火)~6月26日(火)13:00まで

【プレゼント内容】
E3会場限定!オリジナル『R.P.D.』Tシャツ 10名様

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ