光が苦手な少女と、彼女を見守る「太陽」の物語。激ムズゲーム『テラセネ』レビュー

「ふりふら」から配信されているディフェンスxノベルゲーム『テラセネ それでも君を照らしたい』のレビューをお届けします。


少女のもとにやってくる敵を太陽の光で攻撃して、少女を守ることが目的の本作。少女は光に弱いため、夜に移動する……。そんな少女を襲ってくる敵。

光に弱いという少女を、「自分=太陽」がどう守るのか。美しいサウンドと気になる少女のストーリー。光を自在に操り、少女を守れ!(文:ニュー侍)

それでも僕は君を照らしたい!

本作は少女を守るディフェンスゲームでありながらも、ノベルゲームのようにストーリーが展開されます。音楽もゲーム内容にあっていて、ずっと聞きたくなってしまいます。

terasene_0630 - 1


少女は光に弱いため、夜に移動する……。そう、そこで敵に襲われるのです。そんな少女をどうやって守るのか?

terasene_0630 - 2


プレイヤーは太陽となって少女を守るんです。太陽の光は敵にダメージを与えることができます。ただ、太陽の操作方法がちょっと複雑なので解説しますね。

terasene_0630 - 3


太陽の光は自動で動きます。ただ、それだけだと敵を撃退することはできません。なので、画面の左右部分をうまくタッチして光を制御するんです。これが意外と難しい……。

terasene_0630 - 4


太陽の光が敵に当たるとダメージを与えることができ、敵の上に表示されているライフが0になると倒せます。

terasene_0630 - 5


光を当てるだけなら簡単とはならないのが本作。少女は傘を持っていますが、落とすこともあります。敵の襲撃は恐ろしいですからね。

傘を持っていないときに少女に光を当てるとダメージを与えてしまうので、ご注意ください。

terasene_0630 - 6


敵を倒すとオーブをゲットできるのですが、集めることで光の種類を変更できます。状況に応じて変更することが攻略のカギとなるわけです。


terasene_0630 - 7


Chapterの最後にはボスが登場クマ! ボスは移動スピードが速いので光の動かし方が重要となってきます。少女を守り、ストーリーの続きを見届けよう。

terasene_0630 - 8


雰囲気はすごくいいけど、激ムズゲーム!

雰囲気はすごくいいのに激ムズゲームってどういうこと!? と身悶えしてしまうほど、太陽の光を操作するのが難しいです。太陽は常に回転しているので、光も左右画面タップで微調整する必要があります。


特に難しかったと感じたのは少女の近くに敵が来たときです。敵に光を当てるのですが、調整が難しく少女が傘を持っていなかったこともあり光が当たってしまいゲームオーバー。

ぐぬぬ……。でも、理不尽な難しさではなく、何度も遊ぶことでプレイヤー自身の腕が上がっていき、ちゃんとクリアできるようになります。初見は難しいと感じるでしょうが、コンティニューはできるので何度も挑戦してクリアしてほしいですね!


「それでも僕は君を照らしたい」と強い信念を持つ方は、ぜひプレイしてみてください。

テラセネ ノベルゲームxディフェンス それでも君を照らしたい ・販売元: Takeshi Kiri
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 267.7 MB
・バージョン: 3.10

© ふりふら

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!