カジュアルで遊びやすいスマホ版Dead by Daylightだ。『Identity V』レビュー!


こんにちは、KiDD(@kiddgamestream)です。今回は『Dead by Daylight』開発会社が監修したNetEaseによるスマホ版DbDこと『Identity V』をレビュー!

『Identity V』はサバイバー4人とハンター1名にわかれて対戦する非対称マルチプレイゲームです。サバイバー側はステージからの脱出を目指し、ハンター側はサバイバーの脱出を阻止することが目標です。

全員逃げられるか? それとも全員捕まるのか? はたまた1人か2人は脱出に成功するのか?

この記事では『Identity V』の魅力をサクッと紹介します。

事件の推理から始まるサバイバルゲーム

『Identity V』はDbDのようにいきなりゲームが始まるようにはなっていません。
最初にストーリーがあり、プレイヤーは謎の失踪事件の推理にやってきた人物を操作します。


ゲームは失踪事件の謎に迫るうちに、事件に関わるサバイバルゲームの記憶をたどっていくという流れです。


ハンターから逃げよう!

『Identity V』のメインはアクションです。最初にチュートリアルがあります。


画面をスライドして視点を動かし、レバーを操作してキャラクターを移動しましょう。


画面内の目玉っぽいアイコンに行くと、イベントが起きます。


記憶をたどっているはずがなぜかサバイバー本人に!
しかも真後ろにはハンターが迫っています。


サバイバーよりハンターの方が足が速いのですが、窓枠や板などの障害物をうまく利用することで逃げられます。


サバイバーはハンターから逃げつつ、ステージ内にある暗号機を解読していきます。


そして暗号機を5個解除すると……


脱出ゲートに電源を入れられるようになります。


脱出ゲートはすぐに開くわけではありません。
暗号を入力する時間が必要であり、そのあいだにハンターが迫ってくることも!


プレイヤーはなんとか脱出することに成功しました。


キャラクターはアンロック形式

チュートリアルをクリアすると、サバイバー1人のアンロックに成功します。


サバイバーはそれぞれ特別なスキルを持っています。


たとえば医師はほかのサバイバーの治療が得意です。


プレイしてスコアを稼ぐと新たなキャラクターがアンロックされます。


いっぱいプレイして新キャラをゲットしましょう。

ハンターになってサバイバーを捕まえろ!

ハンターの仕事はサバイバーを攻撃して倒し、捕まえることです。


ハンターには暗号機の場所が表示されます。


サバイバーが暗号の解読に失敗して感電してるエフェクトを見たら、すぐにその場所に向かいましょう。


なぜならそこには高確率でサバイバーがいるから。
サバイバーを見つけたら攻撃です。


サバイバーが走ると地面に痕跡が残ります。
この痕跡を見ながらサバイバーを追いかけ、2回攻撃して倒します。


サバイバーを2回攻撃すると風船で捕まえることができ、


ロケットチェアに拘束できます。
サバイバーが拘束されたまま一定時間経つと、ロビーに戻されて負けとなる仕組みです。


そのため拘束されているほかのサバイバーを見つけたら、サバイバーはロケットチェアから解放してあげましょう。



とは言え、それを待ち構えているハンターがいるかもしれないことをお忘れなく。

スキルをアンロックしよう!

こうして何度もゲームをプレイするとポイントがたまり、スキルをアンロックできます。


スキルはサバイバー、ハンターともに持っています。


また、それぞれのキャラクターがゲーム中に使えるスキルもあります。


このスキルの組み合わせによって、ゲームを有利に進められます。

『Identity V』はスキン課金!

『Identity V』は基本プレイ無料のゲームです。課金要素はスキン課金となっています。


ゲームをプレイすることで手に入るスキンガチャもあります。



何度もマルチプレイを遊んで、いろんなスキンをゲットしましょう!


なお、『IdentityⅤ』ではリリースを記念して3大イベントも開始されています。
こちらは今だけなのでお見逃しなく!

AppBankではサバイバーハンターの遊び方も紹介しています。

Identity V ・販売元: Hong Kong Netease Interactive Entertainment Limited
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 967.1 MB
・バージョン: 1.0.14

©1997-2018 NetEase, Inc.All Rights Reserved

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ