『艦これAC』サイドが『アビス・ホライズン』の配信等差止仮処分命令を申立て


セガ・インタラクティブとC2プレパラートは、『艦これアーケード』等に係る権利保全を目的として、7月11日に、MorningTec Japanに対して、『アビス・ホライズン』の日本国内での配信等の差止めを求める仮処分命令申立てを東京地方裁判所に行ったと発表しました。

セガ・インタラクティブとC2プレパラート側は、MorningTec Japanがスマートフォンゲームアプリ『アビス・ホライズン』を配信等する行為は、当該ゲーム中の影像に係る表現等に関して、『艦これアーケード』などに係る著作権の侵害に該当し、不正競争防止法違反にも該当するものと判断し申立を行なったとのことです。

これに対して、MorningTec Japanは公式サイトおよびTwitterで「セガ及びC2の主張には理由がなく、『アビス・ホライズン』に違法な点はないと考えています。当社は、今後の裁判手続を通じて、その正当性を主張していく所存です。」

「今回の件につきまして、「アビス・ホライズン」は豊富な独自コンテンツを有するオリジナルタイトルとして、著作権を侵害した事実は一切ないものと確信しております。従って、今回の件の影響によって、サービス終了になることは絶対にないことをユーザーの皆様にお約束致します。」と反論しています。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

© 2018 MorningTec Japan Inc.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ