【連載第3回】『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』ロケーションに合わせたデッキ作りを学ぼう[PR]



バンダイナムコエンターテインメントが、スマートフォン向けブラウザゲームプラットフォーム「enza」で提供中の、『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』がついにグランドオープンを迎えました。

AppBank.netでの連載3回目は、ロケーションごとに手応えのある敵が登場するキャラクターバトル、その中でも強敵キャラクターとのバトルを題材に、「相手のデッキに合わせてカードを組み替えて戦う」事例をご紹介していきます。

【連載記事一覧】
第1回 第2回 第3回

強敵キャラクターとのバトルでデッキの腕試しをしてみよう

▼強敵のフリーザ(第一形態)やバーダックとは「ナメック星」のロケーションで対戦できます。


時間限定でロケーションに登場し、特殊なルールが付与されているのが強敵キャラクターです。

難易度が★3であり相手のデッキに合わせてカードを組み替えることが必要になってきます。

勝利することで初回クリア報酬を受け取ることができるので、腕試しも兼ねて挑戦してみましょう。

難易度★3の強敵に挑むための心構えとは?

初心者ミッションを初級~上級までクリアする頃にはある程度所持カードの種類が増えてきます。さらにカードの種類を増やすことと、ゲームルールを把握するために、まだ闘っていない難易度★1~★2のキャラクターに挑戦してみましょう。



このデッキは難易度★1~★2を想定し、かつキャラクターバトルのピッコロ、ベジータ、フリーザに勝利した時点で得られる報酬で編集可能なデッキの例です。

相手が使用するカードはロケーションごとに傾向があり、カメハウスと東の都に登場するキャラクターは、「孫悟空」、「ベジータ」、「ピッコロ」、「クリリン」などのカードがデッキに入っています。

ナメック星に登場するキャラクターは〈フリーザ一味〉〈ギニュー特戦隊〉の特徴を持つカードが多いという点がポイントになるでしょう。

キャラクターバトルを攻略するために、相手のデッキの傾向に合わせてこちらもデッキを切り替えていくことが勝利への近道になります。

各ロケーションには時々、難易度★3のフリーザ(第一形態)、フリーザ(最終形態)、ギニュー、ザーボン(変身後)、バーダック、孫悟空(超サイヤ人)といったキャラクターが強敵として登場します。

強敵には相手の能力が上昇する「SPサポート」が付与されているので、強敵を攻略するための対策を取り入れた編集例をいくつか挙げていきます。

基本的にキャラクターバトル勝利時の報酬やミッション報酬で編集したデッキ例となっています。

強敵対策ワンポイント解説

・キャラクターバトル 難易度★3 フリーザ(第一形態)




〈ギニュー特戦隊〉、〈フリーザ一味〉の特徴を持ったカードと、「フリーザ」が主体となっています。



キーになるのはAR5「孫悟空」とAR7「ベジータ」の2枚。相手のサポートに〈ギニュー特戦隊〉があると大幅にBPが上昇するこの2枚で相手のライフを減らしていきたいところです。

AR8「リクーム」はライフを増加させるためにデッキに投入。相手のAR6「フリーザ」が〈ナメック星人〉に対して「衝撃波:7,000」を与えてくるので〈ナメック星人〉はデッキから外しておきましょう。

・キャラクターバトル 難易度★3 フリーザ(最終形態)




「フリーザ」を主体としたデッキ。相手のデッキに「緑属性」の「フリーザ」が2種類あります。



チュートリアルで使用したカードを7枚使用し、AR1を「ナム」に変更したデッキです。

AR1「ナム」をサポートに置くことで「孫悟空」をプレイするたびに自分の「気」を1増やしてくれます。AR1「ナム」を入手したら「孫悟空」と組み合わせてみましょう。

・キャラクターバトル 難易度★3 「ギニュー」




全て〈ギニュー特戦隊〉〈フリーザ一味〉の特徴があるカードを使用しているデッキになっています。


AR5「孫悟空」とAR7「ベジータ」がカギとなるデッキ。相手のサポートに〈ギニュー特戦隊〉があるとこの2枚のBPが大幅に上昇するので、メインに使えます。

さらに、AR1「カエル」、AR4「クリリン」を入れてあります。相手の「ギニュー」がサポートにあれば、AR1「カエル」でダメージを減少させることができるし、AR4「クリリン」は相手の出したカードが〈フリーザ一味〉であればアタックを回避できます。

・キャラクターバトル 難易度★3 ザーボン(変身後)




〈ギニュー特戦隊〉、〈フリーザ一味〉の特徴を持ったカードと、「フリーザ」が主体になっています。


カードの特徴が難易度★3「ギニュー」と似ているので、難易度★3「ギニュー」と同様のデッキで有利に戦えるはずです。

・キャラクターバトル 難易度★3 「バーダック」




〈バーダックチーム〉、〈サイヤ人〉、「バーダック」が主体のデッキです。


AR3「トービ」、AR5「チルド」をキーカードとするデッキです。アタック権を得るために、AR5「チルド」を使用してからAR3「トービ」を使って「気」を一度に溜め、「気」を惜しまず使ってアタック権を相手に渡さないようにしたいところです。

また、AR1「カエル」のダメージ減少スキルはAR5「カカロット」が相手のサポートにあっても適用されます。条件を満たせばダメージを-5,000してくれるので利用しましょう。

AR3「トーマ」、AR6「パンブーキン」が〈大猿〉なので、相手に「気」が溜まり、アタックされそうな場合はAR2「ヤジロベー」で相手のBPを減少させておきましょう。

・キャラクターバトル 難易度★3 孫悟空(超サイヤ人)




「孫悟空」が3種類、「クリリン」が3種類、「ピッコロ」と「亀仙人」がそれぞれ1種類のデッキです。


AR4「ブルー将軍」が「本気」の時は「孫悟空」のアタックを回避し、「超本気」の時にはサポート効果で「赤/黄属性」の「孫悟空」のアタックを回避できます。

相手のAR6、AR7、AR8が全て「赤/黄属性」の「孫悟空」なのでアタック回避の条件に当てはまります。AR4「ブルー将軍」をガシャ等で手に入れたら使用してみましょう。

上記のキーカードに加え、AR6とAR7の「フリーザ」を入れているのは、相手のAR3「ピッコロ」がサポートにあると、AR6とAR7の「フリーザ」でそれぞれ「衝撃波」と「爆発」でダメージを与えられるためです。

VSプレイヤーバトルに向けてのデッキ例をご紹介

ここからはキャラクターバトルで得られる報酬を踏まえて、VSプレイヤーバトルを想定したデッキの編成に挑戦してみましょう。

今回紹介するデッキは、ARを反転させるスキルを活用したものとなっています。

【デッキ編成例:1】


AR1「カエル」 「孫悟空」が相手のデッキに入っていることが多いため意外に活躍する機会が多い1枚。カードのHPが高くライフを増加させるためだけでも役に立ちます。
AR2「グルド」 「BP8,000以上のアタックを回避する。バトル後半の相手が大ダメージを狙っていることが予測できたら合わせて出してみましょう。
AR3「天津飯」 「高めのBPと「超本気」の時に手札のBPを+5,000、AR+2と大きく上昇させるため、形勢逆転を狙えます。
AR4 「フリーザ」
AR5「チルド」
「このデッキのポイントとなっており、 AR反転スキルを使用するために〈フリーザ一味〉を取り入れています。
AR6「フリーザ」 「使いやすく人気のあるAR8「ピッコロ」へのカウンターとして取り入れています。
AR7「バーダック」
AR8「ピッコロ」
特別なスキルはありませんが、高いAR、HP、BPと数値が優れており使いやすいカードです。

【デッキ編成例:2】


ランクバトルでは「ドラゴンボールミッション」という達成が容易では無い7つのミッションが存在します。

「五星球ミッション」の「青属性を5人以上入れた状態でランクバトルで50勝する」を達成するためのデッキ編成例を挙げてみます。

デッキのポイントとなるのはAR5「神龍」。AR5「神龍」をサポートへ置いた後に青属性のカードをプレイするとBP5,000以上のアタックを回避し、AR5「神龍」がデッキに戻ります。

VSプレイヤーバトルではカードのレベルを上げ「ブッチギリZ解放」や「ブッチギリ超解放」を行い、BPが高くなっていることが多いので相手のBP5,000以上の条件を満たすことが多いはずです。

また、AR1「セリパ」のスキル効果で気を溜めるため「バーダック」を2枚組み込んでいます。アタックを回避しつつ気を溜め、相手のライフを減少させていきたいところです。

デッキ編成例2に加えて、さらに青属性のデッキを充実させたいときは、AR7「孫悟空」、AR8「バーダック」に注目してみましょう。

紹介しているカードはどちらもレアリティがURのため入手しにくいですが、もし入手した際は青属性デッキを作成する時に入れてみてはいかがでしょうか。

・AR7《孫悟空》



このカードは連載第1回でご紹介した通り、「本気」の状態で出した時に、自分のサポートに「青属性」が3枚以上あればデッキに戻ります(バトル中に1回のみ)。実質もう1度使えるのはAR判定で有利に働いてくれるでしょう。

・AR8《バーダック》



カードの注目点はサブスキルです。このラウンドにアタック権を獲得していれば、自分のサポートのこのカード以外の「青属性」全てのARを+2するので青属性のデッキには強力な効果を得られるでしょう。

【デッキ編成例:3】


様々なデッキに対して汎用的に対応できるように、アタックを回避することを重視したデッキになります。

ポイントとなるカードをいくつか紹介します。

AR1「ミスター・サタン」 「覚醒」状態の時にAR8以上のアタックを回避できます。
AR5「ウイス」 「本気」状態の時にAR判定を逆転します。このカードのみでスキルを発動させやすく扱いやすいです。
AR6「ミスター・ブウ」 サポート効果で「ミスター・サタン」がAR5/6/7のアタックを回避できます。「超本気」の時にはBP+5,000となり、大ダメージを与えることができます。
AR7「人造人間19号」 サポート効果でAR6のアタックを回避します。AR6のみと限定的ですが、相手が気を使用してAR6となった場合でもアタックを回避できます。
AR8「人造人間8号」 相手のアタックを回避するカードではないのですが、AR、HP、BPが高めです。デメリットとして「自分のライフが相手のライフ以上の場合はアタックすることができない」という弱点を持っています。回避を重視したデッキではライフが低くなりがちなので、逆にライフの低さを利用したいところです。

デッキ編成を楽しもう

今回、強敵キャラクターとのバトルを例に、相手デッキを見据えたデッキ編成をご紹介してみました。『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』はやはり対人戦に挑戦するのが醍醐味ですよね。デッキ編成を工夫しながら楽しんでみましょう!

<関連リンク>

enzaからブッチギリマッチをプレイ!
『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』紹介サイト

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

Ⓒバードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
ⒸBANDAI NAMCO Entertainment Inc.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ