7月28日の皆既月食を見るために事前に月の位置を調べる方法


世界最先端の観測施設を擁する「国立天文台」によると、2018年7月28日(土)未明に今年2回目の皆既月食が起こるそうです。

※前回は1月31日に皆既月食がありました

月は3時24分に欠け始め、4時30分に完全に欠けて皆既月食となるとのこと。皆既月食は6時14分まで1時間44分も続きますが、日本ではこの時刻よりも早く月が沈むため、皆既月食後の様子は観察できません。

月食を観測できる時間は限られているので、月の位置をしっかり把握しておきましょう。
この記事では、アプリ『星座表』を使って月の位置を事前に調べる方法を紹介します。

月食の詳しい時刻は?

月食の詳しい時刻と日本の主な都市におけるその時の月の高度、月が沈む時刻については以下の表をご覧ください。

食が最大になる5時21分頃は「みられない」都市が多いですね。


参照元:皆既月食(2018年7月28日) | 国立天文台(NAOJ)

ちなみに皆既月食中は、真っ暗になって見えなくなるわけではなく、「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色になるそうです。

星座表で月の位置を調べる

『星座表』は、惑星や星、星座、メシエ天体など様々な星が見られるので、気になった星の情報や位置を調べることができます。

場所によって月の見える位置が変わってくるため、まずは現在地の設定をしましょう。

現在地は画面右下にある【歯車マーク】をタップして【GPS】の【位置】からGPSで設定するか、現在地を検索して設定します。



月の位置を調べるには、画面右下の【虫メガネマーク】をタップします。


次に「惑星」のなかの「地球」を選択。


すると、一覧に「月」が表示されるのでタップしましょう。


「月」をタップすると、惑星のなかから検索され画面いっぱいに表示されます。
ピンチアウトか画面下の【虫メガネマーク(マイナス)】をタップすると、引きで表示されます。


「月」の場所がわかったらあとは実際に観測する時刻を設定します。
画面右上の時刻をタップ。


月が欠け始める7月28日の3時24分に設定してみると、「月」が見える位置は南西あたりとわかりました。


南西と言われてもピンとこないと思うので、そういう場合は設定でARモードを【|(オン)】にするとスマホを動かすことで実際の位置を確認できますよ。


次回、日本で見られる皆既月食は、2021年5月26日と3年ほど空いてしまうので、この機会を逃さずに観測しましょう!

星座表 ・販売元: ESCAPE VELOCITY LIMITED
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 教育
・容量: 28.6 MB
・バージョン: 3.98

© 2009 Escape Velocity Limited

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!