【LINE】写真などのファイルをドラッグ&ドロップで送信できる新機能追加! 使い方は?


LINE』のアップデート(バージョン8.11.0)で、写真などのコンテンツをほかのアプリとドラッグ&ドロップできる機能が追加されました。

たとえば、『写真』アプリに入っている画像をドラッグ&ドロップで『LINE』のトーク上に直接送れます。

※本機能はiPadのみ対応。

写真などのコンテンツを簡単に受け渡しできるように!

今回追加された新機能は、iPadの2つのアプリを同時に起動して操作できる機能【Split View】と【Slide Over】で使えます。

使い方は、まず画像のように【Split View】で『LINE』と『写真』を1画面に並べて表示された状態にします。

あとは『写真』アプリ内の画像を『LINE』のトーク画面にドラッグ&ドロップで持っていくだけ。


トーク画面上で離すと、「トークに送信しますか?」と表示されるので「送信」をタップすると画像を送れます。


より直感的な操作になったので慣れるととても使いやすいです。


逆に『LINE』のトーク画面に送信された画像を『写真』アプリにドラッグ&ドロップすることで簡単に保存することもできます。


【Slide Over】でも同様にドラッグ&ドロップすることでファイルの受け渡しができます。


iPadで『LINE』を利用している方は試してみてください。

LINE ・販売元: LINE Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 306.1 MB
・バージョン: 8.11.0

© LINE Corporation

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ